ソフトボール大会(4月30日)

他のゼミとの共同で、ソフトボール大会を行なう。

朝から山の中で行なったため、花粉症が余計にひどくなってきた。

しかも気温が高く、外に出るだけでクラクラとしてくる。
走ると、膝はガクガク。
一緒についていくことはできません。

ただ、お昼からのバーベキューは楽しかった〜。

高級(?)国産牛肉をふんだんに使って、みんなもう一杯。
アルコールがないため少々物足りないが、満足!!

まだお昼すぎなのに眠たくなってきた。

 

「Shall We Dance?」(4月29日)

日本の映画のリメイク、それが「Shall We Dance」。
日本版はすぐ見たけど、面白かった。

配役や内容がほとんど同じだと聞いたけど、どうなんだろう?

役所広司=リチャード・ギア
 主人公のサラリーマン役を演じている。
 オリジナル版がボタン会社の経理課長という役柄であったのに対し、本作では遺言書作成専門の弁護士である。 社交ダンスを通じて自らの人生を再生させていく。

草刈民代=ジェニファー・ロペス
 世界大会で失敗、失恋も経験したダンス教師役

竹中直人=スタンリー・トゥッチ
 個性的かつエネルギッシュなキャラクター。
 はげの様が良く似ている。

渡辺えり子=リサ・アン・ウオルター
 生活費すべてをダンスにつぎ込みダンスに対する並々ならぬ情熱を燃やす女性を演じている。


それにしても楽しそう!

 

DVD(4月28日)

ツタヤにDVDの機械が山のように積んであった。
価格は4800円程度。

もうこんな価格で買えるんですねえ。
ただ、見るだけだけど。

私はモノを買う場合は、「遅滞者」。
ほとんど皆が買ってから、やっと買うくらい。

機械は性能も十分で価格も安く、いろいろなメーカーから出してくる頃。
バーゲンでの売り出しも多くなる。

でも今回のDVDは買うのは私にとっては早いかもしれない。

しかし、こんなに小さくて便利だとは。
もうビデオを見るのはこれに限ります。

 

ショッピングセンター「フジグラン神辺」オープン(4月27日)

福山市北部の神辺町、福山平成大学のすぐ近くにショッピングセンター「フジグラン」が開店する。
すぐ横には、ホームセンター「コーナン」も開店。

ここは国道182号線と486号線の交差点にあり、渋滞は必死。
他に逃げ道もないため、どうするんだろう?

今日27日が、ホームセンター。
明日28日が、ショッピングセンター。

平成大学に行くときには2号線はもう当分は使えない。

しかし、チラシを見るとすっごく安い!!
やっぱり行かなくっちゃあ。

 

「わかもの仕事館」(4月26日)

4年生ではもう内定を続々ともらっているが、まだまだ続いている。
GWも学生は全国へ飛んでいるだろう。

在学生に限らず、今年の3月に卒業した学生も頑張っている。
一生懸命仕事を探して、いろいろな所に出向いている。

先日、福山わかもの仕事館へ行ってきた。
ちょうど福山駅東側のサントーク1Fの階段下にオフィスを構えている。

ここで働いているキャリアカウンセラーは私のよく知っている方ばかり。
聞いたところによると、連日予約で一杯だという。

「こんな場所がよく分かりますねえ」
「大丈夫ですよ。皆さん、人に聞いて来られますから」

口コミで広がっているらしい。

繁盛するのがいいのか、悪いのか。


 

まだまだ花粉症(鼻炎)がひどい(4月25日)

この1週間ほど、くしゃみ、目のかゆみ、などで大変な目にあっている。
くしゃみなどは1回で終わらず、何回も連続でする。
目もかゆくてかゆくて・・・たまりません。

当分病院に行っていないので、薬もなくなってきた。

もう行かないと!

更には、歯医者さんからも定期検査のお知らせがきました。

また病院周りをしないといけないです。



 

ウイルス対策ソフトの不具合発生と聞く(4月24日)

今朝の新聞に、トレンドマイクロ製のウイルス対策ソフトの不具合による障害が発生と大きく出ていた。

えっ!!
私のパソコンは、大丈夫?

でももう随分経っているので大丈夫みたい。

新聞には、対策をめぐって当社の対応策をめぐるドタバタが載っていた。

『「午前11時には問題部分を修正するファイルと復旧方法をホームページに掲載した」
ところが、「端末の障害でホームページが見られないユーザーはどうするのか」
と問われると、担当者は困惑した様子。』

これなんか、当たり前じゃないの。
もし私のパソコンが作動しなかったら、と考えると・・・青ざめてくる。

新聞記事には、対応策が載っていた。
もしダメになったら、これを見て対処しよう。


 

トランスパーソナル(4月23日)

個を超えたつながり=個が生きるつながり=トランスパーソナル

う〜ん、どのようなものだろう。

説明にはこうある。

「これまでの心理学は自己実現を重んじる心理学で、それはいわば「自力の心理学」であったと言える。
一方、トランスパーソナル心理学では、私達人間一人一人の意図を越えて姿を現してくる様々な呼びかけの声(出会い・めぐり合わせ・具象化する様々な出来事・好ましい状況・好ましくない状況、等々)を大切にし、招き入れることから、「他力の心理学」と言える面を兼ね備えていると言える。
従来の心理学が重視し価値を置いてきたところの「自己実現」、「人が自分らしい人生を生きること」への評価は十分に認めつつも、更にそれをも含んで越えるという意味において、トランスパーソナル心理学は『自力+他力の心理学』と言っていいかもしれない。」


長い説明だが、ようするに「人生とは何かという“ほんとう”の問い」に答えようとする心理学らしい。

仏教者、人生の成功者などが最終的に到達するものではないだろうか。

今日から1年間、勉強します。


 

通称「月世界ビル」が解体工事中(4月22日)

松浜町にある旧・日東総合レジャービルの取り壊しが始まっている。

ちょうどイトーヨカードーとリーデンローズの向かいにある建物で、福山では「月世界」で通っていた。
大きな紅い建物で、夜の街「松浜町」を象徴する建物。
6階建て延べ約2000m2とある。

つい最近までM観光グループのキャバレーがあったと思ったのに。
いつなくなったんだろう?
知らなかった・・・。

当面は平面駐車場になるというが、ここは一等地。
今後も開発が進むだろう。

今度はどのような建物が建つのかな?

 

スイング・ガールズ(4月21日)

この映画はなかなか面白いぞ。
ウォーター・ボーイズの女性版だが、「天使にラブソングを」によく似ている。
いや〜、実に楽しめた。

しかし、こんなに素人がすぐ上達するなんて、やっぱり映画の世界!!

以前この映画の出演者たちがTVに出て話をしていたが、本当に演奏しているんだって。
最後の場面なんて10分以上もの演奏。

素晴らしい!!

見ていて、ワクワクした。
やっぱり楽しい映画もいいもんです。

 

ヒアルロン酸(4月20日)

つい最近、関節炎に素晴らしく良く効く「ヒアルロン酸」について聞いた。

ちょうどTVをつけていた時、通信販売のコーナーで「ヒアルロン酸」の効用について話していた。
ひざ関節が悪く、運動ができなかったおばあさんが、「ヒアルロン酸の錠剤を飲むようになって1週間目、孫と一緒に遊ぶことができた」、と話していた。

これは素晴らしい!!!

水分を大量に吸収することができ、美容にもいいと聞く。

ただ、通常の薬局には置いていない(探すことができなかっただけかもしれないが)。
それに高い!

そんなことを家族に言っていたら、なんと実物が出てきた。
飲んでいたらしい。

すぐ注文をしました。


 

大学院の同級生にサプライズ(4月19日)

最近、大学院同級生同士のメールに、サプライズが飛び回っている。

退職、東京転勤、教授就任、他社へ就職・・・。

そろそろ同級生の地殻変動が起こってきた。
大学院を卒業して5年目。

最初の1年間の間に約3分の1が転職。
その後、大阪から東京への転勤がまたまた3分の1ほど。
そして今回、転職、転勤、昇進等いろいろな変化が起きている。

やっぱり進化しているんだなあ。

私は全く変わりない生活。
でも、内面では大きく変わってきているぞ。


 

「先生、何かに追われているの?」(4月18日)

講義が終わり、学生が発した言葉。
「先生、何かいつも忙しそうにしているけど、どうして?」

学生にはそう見えるみたい。

研究室でのんびりしているときは少ないなあ。
いつも走り回っている。


音楽を聴きながら、コーヒーを飲んでいる時は至福の時!
学生が来ない時間帯・・・夕方、一人で静かにしているときは不思議な気分になる。

最近、コーヒー豆そのものを買った。
研究室でのんびりと豆をひき、香りを楽しもうと考えたから。

明日はできる?
明後日は?

たぶんすぐできるんじゃないのかな。


 

「夜と霧」(4月17日)

第二次世界大戦のドイツ強制収容所「アウシュビッツ」の実体験を描いた本、それが「夜と霧」
作者のフランクルは、ユダヤ人で精神医学者。

人間が、極度の緊張から生への帰還に至るまでの壮絶な記録である。

大学院でも、「エスノグラフィー」(文化人類学におけるフィールドワーク等)の有名な本として紹介されたことがある。

読んでみた。

映画「シンドラーのリスト」そのものの世界。
そこで見た景色が目の前に浮かび上がってくる。

その極限の世界では、人間の肉体、精神が全て完全に否定される。
しかし未来への希望が持っていれば、人間性を失わずに生きることができることが分かった。

普通の生活から、「生か死」の二者択一の世界へ連れてこられた作者。
着いた場所から、右、左へ進まされる。
右へ行ったものは死。反対は生。

いつ死への宣告があるかと恐れながら生きている。


日常からの転換 → 極度の緊張 → 絶望 → 感覚の麻痺 → 自己崩壊 → 死 
                                       → 未来への希望 → 生

解放 → 内的弛緩 → 無意識 → 感情の復帰 → 人間回復


人間というものは・・・。


 

コーチングの先生と会い、びっくり(4月16日)

今日は、びっくりしました。
お世話になっているコーチングの先生と家の近所で会う。

突然携帯が鳴り、「今小林先生の近所だと思いますが・・・」
なんと、福山少年自然の家からの帰りだという。

ホントにびっくり!!

少しお話をして帰ったけど、お久しぶりです。
今度一緒に仕事をするので、その打ち合わせもでき、良かった〜。

では、またお会いしましょう。


 

精神科の先生の推薦図書(4月15日)

ある病院の精神科の先生と知り合いになった。
心理学の件で話をしていると、「この本を是非とも読んでみたら」と言われた。

「精神療法面接のコツ」
「精神医学的面接」
「夜と霧」
・・・

やはり専門分野だけあり、「これはいいよ、この分野は必ず押さえること・・・」。
話しているうちに、あっという間に時間が経ってしまった。

児童思春期の診療を主にしている心理内科の先生である。
不登校についても関心があり、私が行っているセミナーにも是非とも行ってみたいと言っていた。

またいろいろと話を聞いてみよう。

 

続々と内定決定(4月14日)

「先生!内定が決まりました!」

3月に懸命にがんばった甲斐があるというもの。
この時期は1回目の就職内定のピークです。

「次に学校に来るのは来月になります。」
「どうして?」
「関西方面へずっと就職活動に行ってくるから・・・」

もう2ケタの企業訪問をした学生がこれからも活動をするという。

内定が決まった学生に、「じゃあ、これから卒論をするか」と聞くと、
「もう少しゆっくりしたいです」

うん、そうだね。

少しはゆっくりしなくっちゃあ。

 

NHKの放送(4月13日)

今日の夕方、17時10分から18時まで、福山大学の特集を行なった。
朝から大学の構内には、何台ものNHKの放送車が駐車していたり、屋上には1台のカメラを設置したりとすごい体制を敷いている。

実際のTV放送を見てみると、大学内にはすごい施設がある!
ちょうど見る機会を逸していたため、今回が始めてのところがある。

すごい!!

こんなに設備が充実しているなんて。
スタジオの施設は、NHKと同じだと言っていた。

見た甲斐がありました。



前期講義が始まる(4月12日)

いよいよ平成17年度の前期が始まった。
構内は、学生であふれかえっている。

何回も学生に呼び止められるので、研究室に行くまでにすごく時間がかかる。
履修届の確認のためだが、他にもいろいろな相談もある。

資格取得についても質問がくる。
FP、販売士、秘書検定、簿記・・・
4年生で資格を重点的に取る学生もいた。

そして、今回から在室時間を掲示するようにした。
学生を待たせるのはイヤだから。


研究室が静かなときもいいけど、この喧騒もいいです。

 

高年齢者の継続雇用(4月11日)

昨年の6月に、「高年齢者雇用安定法」の改正により段階的に65歳までの定年の引き上げが義務付けられた。

平成18年4月1日から年金支給開始が段階的に引き上げられることに伴って行なわれるものである。
まずは、62歳から始まり、平成25年には定年は65歳になる。

現在の企業定年は60歳が法律で義務付けられているが、少し前までは55歳だった。
平均余命もずっと長くなり、現在では60歳はまだ若いほう。

定年になっても、まだ皆さんは元気一杯。
次は何をやろう。
次はこれをしようと思っている。

団塊の世代もこれから定年を迎える。
あっという間に、年金で人生を送る人が増えていくんだなあ。

 

携帯電話を持っていくのを忘れる(4月10日)

携帯電話はこれほど便利で必要なものか、今回のでよ〜く分かった。
実は、研究室に携帯電話を忘れてしまったのである。

「忘れた!!」と思った時は、バスがちょうど発車した時。
もうどうにもならない。

そのため、久しぶりに公衆電話を使う。
10円玉に両替して使うが、携帯にかけると次々と10円が落ちていく。

帰って携帯を見てみると、た〜くさんの方から連絡が入っていた。
その処理を済ますのに長く時間がかかる。

本当に便利な世の中になったものです。
でも反対に、もしこれがなくなったら不便極まりない。

次は必ずチェックです。

 

新入学生オリエンテーション(4月9日)

経済学部では昨年に引き続き、島根県の三瓶国立青年の家で、新入学生のオリエンテーションを行なった。

福大からバスで約3時間。
遠い!!

世俗から隔離され、友達作りとこれからの学校生活への紹介を主に行なう。
特に、履修科目を選択することは非常に重要。
学生達は、真剣に取り組んでいた。

しかし、山に近づくと・・・くしゃみと鼻水が・・・。
山の中は花粉症に大敵!

大学では平気だったのに、ここに来たら、もう大変。
次のオリエンテーションは、海が絶対いい。

山には少し雪渓が残っていました。
まだ桜は咲いていません。

 

NHKで福山大学特集(4月8日)

来週の4月13日(水)の夕方5時10分から6時まで、福山大学の特集があるという。
え〜、そうなんだ!!

中心は、人間文化学部の人間文化学科のメディアコミュニケーションコース。
学生が中心になったメディア(映像、編集など)の特集である。

そういえば、入学式の時もカメラを持った学生が撮っていた。

な〜るほどね。

是非とも見たい!と思っていたら、ちょうどその日は、新任教職員歓迎会があるため見ることができない。
残念。

でもビデオに撮って見てみよう。

 

桜咲く(4月7日)

暖かい日が続くので、桜が一斉に咲いてきた。
時間ごとに桜が咲いているように感じる。
朝は3分咲き。
夕方には、6分咲きくらいになっていた。

風は生暖かく、少し暑いくらい。
本当に気持ちいい。

相変わらず研究室には学生が入ってくるのでにぎやかでいい。
就職関連の話題が多いが、違う話題もある。

音楽をかけながらコーヒを飲み、話をするのは結構いいかも。

春です。


 

入学式(4月6日)

この時期になると新聞に「どこどこの大学の入学式」と報じられるが、今日は福山大学の入学式。
約1000人が新一年生になった。

約2分咲きの桜の下、朝10時から式が始まる。
卒業式と比べ構内も静かで、講堂の周りだけが熱気に包まれている。

これから大学生ということで、笑顔いっぱい。
どんな希望を持って入ってきたんだろう。

講義は12日から始まるが、どのような学生が受講するのか今から楽しみだ。

新入学生のオリエンテーションは明後日から3日間。
いっぱい友達を作ってください。


 

ゼミ生OBからのメール(4月5日)

昨日、今日とゼミ生のOB2人からメールが入ってきた。
どちらも今年就職したばかりです。


「今、研修で福山商工会議所のセミナーを受けてます。
社会人としての常識などを勉強してやや大変ですが頑張ります。」

「卒業から少し経ちますが、なんとかやってます。 
慣れない仕事の連続で体はガタガタですが、頑張っていけそうです。」


それにしても、頑張っている様子が分かって、とっても嬉しい!!
大学では広報を担当しているが、このメールを載せてみようかな。

だから、先生は楽しいんです。


 

本当にこの○○は大丈夫?(4月4日)

ある人に「面白いセミナーがあるから講演するときにヒントになりますよ」、と行ってみたら・・・。

よ〜分からん!

会員になるには無料。
そしていろいろなものを買ったり、サービスを受けると大幅に安い。

ずっとこんな調子で2時間。

でも、この収支はどうなの?
この○○は儲かるの?

それをなかなか言わない。
お客さんの利益のことばかり。
こんなんじゃ、話にならん!

最後にやっと利益のことを話してくれた。
売上げの○%が本体に入るということらしい。
全体像が少しだけ見えてきた。

でも、それだけでお客さんにこれだけの利益を還元するはずはない!
何かのトリックはあるはず。

たぶん、サラ金、カード会社、旅行会社、通販会社等との取引で、お店に払うパーセントの内、いくらか取るんだと思う。
そして・・・ひょっとして偽物シンジケートとの取引も???・・・

こういう話に乗る人も結構多いだろうな。
とっても参考になりました。

地道に、利益と経費、そしてお客さまのことを考えて商売するのが一番です。


 

チューリップが咲く(4月3日)

昨年植えていたチューリップが、今年も咲いた。
球根を保存していて、今年植えたもので、これから花が開く。

また、蘭も花が咲きそう。

何年も肥料も水もやらないでいた蘭が、少し手を入れただけで芽を出し始めた。
ビニールハウスに入れて、こまめに水をやったりしていたが、もう枯れていると思っていた。

生命力が本当に強いんだなあ、と感心する。

ただ、胡蝶蘭はダメみたい。
寒さ対策はしておかないといけないけど、いつかは咲かせたいな。


 

内定決定(4月2日)

「先生! 内定が決まりました!!」
学生からの声。

新4年生から内定の知らせが来ました。
しかも2名から。

「もう嬉しくて嬉しくて。
この会社が第一志望だったんで、とにかくお知らせしたかったんです。」

「そうかぁ!おめでとう。
良かったなあ。」

思わず、握手!

本当に嬉しいですねえ。
まだ新4年生になったばかりだというのに、はや就職が決まった。

後はゼミと卒論と少々の単位のみ。

これからゼミ生の嬉しい声を聞くのが楽しみです。

 

新入社員(4月1日)

街を歩いているリクルートスーツの姿が目に付く。

なんで?
そうかあ。今日は4月1日。

新入社員が歩いているんだぁ。

それにしてもやけに紺色です。
男性も女性も同じ色。

初々しく、新鮮。

新年度が始まりました。










 

こんな事しています
インデックスへ

 

ホームへ