社会保険労務士のお仕事(4月26日)

社会保険労務士の仕事が入った。
内容は、会社が大きくなったので、社会保険のことについて直ぐにでも見て欲しいというものだ。
さて、がんばらねば。と思うが、忘れているのもあり、思い出すのに一苦労。
しかし、そんなに難しくはないので安心していたが、突然夜に介護保険の件で連絡があった。
介護保険は最近なので詳しくは知らない。すぐ先輩社労士等に聞くが、分かったような分からないようなものになる。
でもなんとかしのいだが、これからが本番だ。しっかりしなくては。

「資格」は取っても使わなければ「死格」になるとよく言われるが本当にそうだ。
その都度したことが経験になり、毎日が勉強となる。それが積み重なっていき、しっかりとしたアドバイスができるようになれば、しめたものだ。それまでが、・・・大変。
しかし、社労士、診断士で現在バリバリ活躍している人は皆、最初は苦労しているんだと言い聞かせている。
今は「本当に言ったことが正しいのか」「間違ったことをさせているのではないだろうか」といつも反省の毎日を送っているが、早くそうならないように勉強しなくてはいけない。

また、懇意な先輩と知り合いになるのも必要である。
分からないことを気軽に連絡できる体制を作らなければならない。ギブアンドテイクでこちらも情報を提供しなくてはいけないが、でも今はなかなかできない。すいませんとしか言えないのはつらい。
ある先生には頻繁にコンタクトをとって質問責めをしているが、かなり迷惑をしているに違いないだろうなと反省している。しかし有り難いものだ。本当に感謝しても感謝しきれない。自分がもしそうなったら相談によくのるようにしなくては。

 


4月(いつだったか忘れました)

1.独立の決心をするまで

ついに会社を辞めることができた。正直言って、うれしいのか悲しいのか分からない。

しかし、会社に最後のお別れを言うときは「笑顔がいいね」と皆に言われたくらい元気だったようだ。とにかく、会社も家族も最後には「がんばれよ」と送り出してくれたのはうれしい限りだ。

独立するきっかけは、診断士3次実習での有給休暇を認めてもらえなかったことだが、よくある話だそうだ。これで何人も会社を辞めたということを聞いた。

反面、辞めるまでは「本当に大丈夫だろうか」「会社にいた方がいいのでは」「いや、ここまできたらやるだけだ。今更後には引けない」といろいろな事が頭をよぎる。

TBCの川上所長には、大変お忙しいのに相談にのってもらい、励まされたり叱られたりしてもらったが、今でもあの頃を振り返ると、よく病気にならなかったと不思議でならない。

2.自由の身になって(広い海原にたった一人でボートをこぎ出した気分)

2月11日からもう会社に行かなくていい。まず最初にしたことは大掃除だ。今までの古い本やいろいろなものを片っ端から捨てた。埋め立て地や焼却場までトラックで何往復もして、その日いっぱいをつかった。

次には大学、高校の同級生に頻繁に会うことを心がけた。

高校の同級生には、弁護士、税理士、司法書士、医者、薬剤師、会社社長等と多くの幅広い活動をしている人が多い。しかもグループを作って活動をしているという。早速そのグループに入会することに決めた。すぐ、3月初めにはそのグループの会合で講演を2時間ほどすることに決定した。タイトルは「ひよっ子診断士の奮闘記」で約20人ほど集まり、結構質問もあり良かったのではないかと我ながら思う(本当かな?)。

大学の同級生は神戸・大阪が多いので、2月、3月は週に1〜2回と頻繁に行った。ちょうど卒業する季節になっていたため、謝恩会、お別れ会等の名前をつけては行っていたからだ。また、共同論文の執筆もあり何とか仕上げることができたが、できれば本にしたいと考えている。 この高校、大学の仲間というのは本当に気楽に何でも話せて、しかも相談にのってもらえるので有り難かった。

特に大学の仲間は、ある会合で1月に一回会う度に誰かが会社を辞めているので、「今月は小林さんか。おめでたい。次は誰かな。たぶん…さんだな、きっと。」「早くこちら(独立)においで。おいで。開業したらいいよ」「こんなに仕事が楽しいから、もう二度とサラリーマンに戻ろうとは思わない。小林さんもきっとそう思いますよ」と、いろいろ聞く。

しかし、嫌みはないから聞いていて本当に気持ちがいい。話をしているとストレスが吹っ飛ぶようだ。

3.初めてのお仕事

「小林さん。どうしてもしていただきたいのですが」何だろう。パンフレットを大至急作らないといけないらしい。しかし頼まれた人が別に仕事を持っていて到底できそうにもないという。

「わかりました。それでいつまでですか?」「はい、来週までなんですが」何!!。

来週……。う〜ん。今は火曜日。大至急しなくては。「品質より納期優先」と聞くが、しかし生来のまじめさが取り柄なので(実はしっかりがんばっても人の数分の1しかできそうにないから)がんばるしかない。本を計4冊買うことになった。これも仕方がない。仕上げるためには必要だから。何とか仕上げたが、こんなものでいいのかと不安ばかりが募って仕方がない。

次の仕事は、個店診断が入った。酒の小売りと店主が薬剤師の免許をもっているため薬局を同時にしている、いわば業態店である。小さな店だが、情報関係には詳しいし(パソコンはマックを使用というマニアで、今度はホームページを作ろうかと言っているくらいだ)、介護用品の宅配をかんがえているくらいの商売熱心である。

川上先生には、「とにかく精一杯書いてください。何枚でも結構です。」と言われたが、「どうしよう。診断といっても3次実習しか経験はないし、これは困った」とすごく不安になる。

しかも、2日後には2泊3日で大阪に行くことになっている。更に大阪から帰ったら、ちょうど退職日なので社会保険事務所へ行くなどの手続きがすぐ待っている。頭の中は様々なことが渦巻き、パニック寸前だ。なんとか乗り切らなくてはいけない。

しかし、なんとか翌週の土曜日にはすることができた。実に10日ほどかかったことになる。枚数はA4で合計60枚近くになった。川上先生に言わせると「内容はともかく、量だけはいいですよ。素晴らしい。」ほめられているのか、けなされているのか。…とにかくほめられたことにしよう。

 

こんな事しています
インデックスへ

 

[ホームへ]