夫婦のどちらかが亡くなると(1月31日)

先日、TVを見ていると、高齢者の夫婦の内どちらかが亡くなった場合の死亡リスクを言っていた。

それによると、夫が先に亡くなった場合、妻は約2倍も長生きする。
逆に、妻が先に亡くなると、夫の生存率は約半分になる(つまり早く死んでしまう)という。

つまり、夫は妻に依存しており、妻は夫がお荷物になっているということだそうだ。

すごい興味深い。
またそれも真実だろうなと思ってしまう。

さだまさしの「関白宣言」にもあったが、夫が先に亡くなったほう(妻が長生き)がいいのかもしれない。
「俺より先に、逝ってはいけない♪」


 

「矢印→」コンサート(1月29日)

昨年4月に福大を卒業したOBがいるロックバンド「矢印→」が、福山ロッツでコンサートを行った。
ドラムをたたいているのが、彼。

新聞に勇姿が載っていたが、残念ながら彼はちょうどドラムの陰に隠れて見えない。

昨年6月にCDを発売し、その売上金の一部を環境のために寄付したという。
いやー、すごいですね!

今回は行くことができなかったが、次回コンサートがあったら必ず行きたい。
メジャーになってほしいですね。

 

休みはこんなに道は混むの?(1月28日)

いつもの感覚で街中へ車を走らせていると・・・
国道が車でぎっしりと詰まっている。

なんで??

上りも下りも同じよう。

休みの午後は基本的に動かないほうだから、今までこんなに渋滞は経験をしていない。
ただ時間帯があるのかも。

午前中はスイスイだけど、午後からは渋滞かもしれない。

それにしても、ショッピングセンター等に行くのは平日に限る。


 

4年生との語らい(1月27日)

新年会を4年生と行う。
全員は無理だが、参加できるものが集まった。

就職が決まり、卒論も出し、残るは後期試験と卒業式のみ。
話すことは卒業旅行、今後のこと。

多くは地元へ残ったり、帰ったりする。

毎年、何かゼミ生にしてあげられたか、私で良かったのか・・・いろいろと考えてしまう。
楽しく、厳しく、そしてこのゼミで良かったと言ってもらえるのが一番いいのだが。

また4月より新しいゼミが始まる。


 

素晴らしい人生(1月26日)

今日こんな人に会った。
経営の相談はと聞くと、
「今一番しないといけないのは事業承継です。」

聞いてみると、息子さんも35歳でしっかりと専務でしている。
60歳で何で事業承継?と考えてしまった。


「実は私はガンです。
しかもガンで治療をしている最中に心臓発作が起きました。
いつ死ぬかも分からないんです。」

「・・・・」

「6年前に弟の専務をガンで亡くし、更に3年前に妻をまたガンで亡くしました。」

「・・・」

「息子はしっかりと仕事をしていますが、先生まかせても大丈夫でしょうか。」

話をずっと聞いていると、しっかりしているし、とても病気だとは思えない。
すがすがしい顔で、笑顔も素敵である。

「実は、妻も亡くなる前、私に話があると言ったんですね。
もう大体話の内容は分かるんですが、でも聞いたんです。
妻は、「あなたがいて有り難う、いい人生だった」、と言いました。」

「私達が結婚したときから会社を切り盛りし、お腹が大きい時もずっと頑張ったんです。
だから、妻が入院したときには、仕事からきっぱり離れました。
約7か月、ずっと病院で2人きりで過ごすことに決めたからです。
静かな時間が流れて、とても充実した時間でした。
今まで、夫婦のゆっくりした時間をとれなかったのに、この時はゆっくりできました。
本当に、良かった。」

「妻の死、ガンの宣告、私は変わったと思います。
今はいつ死んでもいいんです。
素晴らしい人生だと言えます。」

約2時間、仕事を忘れて聞き入ってしまいました。

悟りの境地とでも言えようか。
感動しました。


 

全国うまいもの展(1月25日)

「うまいもの展」があると聞けば、どこでも行きたいと思う。

今回も福山の百貨店で催しをしているのを聞く。
時間があれば是非とも行ってみたいと思っていたら、ちょうど時間が空いたので行ってみる。

エレベーターを降りると、そこはワクワクする世界。

全国からの美味しいものがあるぞ。
小さなフロアーを歩いていくと、次から次へと欲しいものがいっぱい。

これはチェック。
帰りには買って帰ろう。
これは試食だな。

帰る頃には、両手に紙袋で一杯。

あっという間の楽しい時間でした。

 

ハケンの品格(1月24日)

毎週、TV番組「ハケンの品格」を見ているが、正社員と派遣の違いがオーバーに表現されている。
思わず、「そうだ!」「納得!」「これは違うだろう!」
ということがいっぱいある。

バカバカしく、実際はこのような人は絶対にいない。
でも、それを誇張しているので、「たぶん、そういう人はいるかもしれない」という気になってくる。

それにしても、スーパー派遣社員「春子」さん、この人はすごい!
まさしく神様、仏様。
困ったときに一番頼りになる人。

ただ、この「春子」さんの生き方は、組織の枠をはみ出たプロフェッショナルの生き方だと思う。
自分の仕事に責任を持っている独立自営の人とでも言える。

今日の番組の中で、「春子」さんは最後にこう言った。
まぐろ解体ショーができなくなった「つねさん」の代わりにショーを行った時である。

「私たちは派遣仲間なんです。
私たちは、仕事で穴をあけることはできない。
派遣仲間は助けないといけない。」

う〜ん、素晴らしい。
熱が出ても、骨折しても仕事があれば出かけなければいけない時がある。

格言がたくさん出てきそうな番組です。

 

瀬戸田町のむらおこし特産品(1月22日)

先日、瀬戸田町に行ってきた。
しまなみ海道の向島大橋、因島大橋、生口橋を通って、西日光耕三寺がある瀬戸田町へ。

最近では、この島出身の平山郁夫美術館が有名。

昼食は、「たこ飯」の予定が「あな重定食」を注文。
「たこ飯」を食べようとしたところ、横の人が美味しいそうに食べているものがある。
それが「あな重定食」。
つい注文してしまった。

それから商店街をぶらぶらと歩く。

肉屋さんのコロッケ、みやげもの屋さんの干物、ジュース・・・。
思わずたくさん買いすぎてしまう。
美味しいアイスクリームもありましたよ。

その中で、面白いものを発見!

「むらおこし特産品コンテスト」で、平成17年度経済産業大臣賞を受賞したもの。
全国の中から選ばれた最高賞!で、その名前は「浜子鍋せんべい」。

大きな丸い形のせんべい焼きで、その上にのりとエビの姿押しが入っている。
商店街の中央に位置している「せとだ小町」という店で、330円で販売している。

帰りには、瀬戸田みかん、高根みかんなどをたんまり買った。

なかなか楽しかったですよ。


 

季節の異常(1月21日)

いつもは3月にならないと咲かない蘭が、つぼみの段階になっていたのが12月末。
その後、玄関では寒くなったので台所に置いたところ、先週から咲き出した。
台所はいつも暖かいため、当分は楽しめそう。

先日、ヘビの冬眠失敗というTVを見た。
随分前にこのHPでヘビの話を書いたけど、同じ内容だった。

あのへびも、しばらして死んでいた。
冬眠失敗だったと思う。
食べるものがないため、仕方ないよね。

それにしても、今年は暖かい。
雪を見たのは、先日上下に行った時の1回だけだから、今年はやっぱり異常。
個人的にはこのまま暖冬のままのほうがいいけど、これも善し悪し。

後1回はどか雪が降るような気がします。

 

明日からセンター試験(1月19日)

大学受験生にとっては明日が最も大切な試験の一つ。
大学では明日の準備のため、入念に準備をしている。

もうリハーサルを何回もしているので大丈夫。

ただ一斉に受験するため、朝は混むぞ〜
いつも車で通勤する先生が電車とバスで行こうかと言っていた。

そういえば、以前「ドラゴン桜」でセンター試験の日のことを放映していた。
韓国での入試もTVで特集が出ている。

ドタバタが全国で起きるんだろうな。

 

先輩が亡くなられた(1月18日)

今朝、急に電話があった。
「○○さんが亡くなられて、今日がお通夜。明日が葬儀」

え〜、びっくり!!

現在、52歳でまだ若い。
聞いてみると、ガンだったそう。

テニス関係の者が中心に来ていた。
久しぶりに大学の先輩、同級とも会うが、元気そう。

○○さんは高校、大学の先輩でよくしていただいた覚えがある。
何十年も会わなかったのに、今日が最後なんて。


 

センター試験(1月16日)

今週の土・日で、センター入試がある。
今年から福山大学も受験会場として参加することとなった。

昨年まで福山市内でも東広島の広大まで受験をしていたが、今年から受験生は楽になるぞ〜。
今朝の新聞にも載っていた。

もう少しだけど、事前準備を入念にしているので、大丈夫だと思う。

受験生の皆さん、最後の追い込み、頑張ってください。


 

日本の歌百選(1月15日)

文化庁が14日、公募の中から選んだ「親子で歌いつごう 日本の歌百選」を発表したという。

それを見てみると、小学校で習った歌が多くある。
「仰げば尊し」
「赤とんぼ」
「犬のおまわりさん」
「大きな古時計」
「お正月」
「かあさんの歌」
・・・

また近年のヒット曲もあった。
「いい日旅立ち」
「川の流れのように」
「秋桜」
「世界に一つだけの花」
「涙そうそう」
「花(喜納昌吉)」
・・・

いろんな百選が選ばれているけど、他にもたくさんあるんだろうな。
一回調べてみたい。



 

いよいよ論文締め切り(1月14日)

今週は論文締め切りとなっている。
学生たちは今最後の仕上げにがんばっているはず。

今日も「先生、今日は大学ですか?」と連絡がきた。
「論文が仕上がったので先生に見てもらおうと思ったんです」

これが大学生活の最後の総仕上げ。
がんばってください。

また他にもゼミ生からのメールが来ました。
「先生、自転車がパンクしたんですが、自転車屋さんをしっていますか?」

「○○と○○があるよ。電話してみたら」

皆さん、本当に大変みたいです。


 

上場予定の企業(1月10日)

久しぶりに某企業を訪問した。
6年ほど前に設立し、大きく全国展開をしている企業である。
そして、社員5人から初めて、今では50人ほどに人員が増えている。

でも、今回訪問をしてびっくりしたことがある。

それは、設立メンバーの役員が昨年辞めていたこと。
「え〜、○○さんが退職したあ〜!!!」

訪問してこの件を聞いてみると、
「上場するために現在組織などを見直しをしているところです。
そのため、上場するためについていけない人材は辞めざるを得ないんです。」

以前知っていた役員は現在東京の事務所へ転勤している。
更に、上場するために外部から専門の人材を雇ったという。

企業が大きくなるためには乗り越えていかないといけないということか。


 

学校での始動(1月9日)

いよいよ明後日から講義が始まる。
朝から学校へ行き、準備に取りかかる。

すぐ終わるかなと思ったら以外と時間がかかり、ふと外を見ると真っ暗。

ワード、エクセル、携帯・・・
いろいろ使って、やっと一段落。

少し正月はゆっくりしすぎたかも。


 

そろそろ始動(1月3日・水)

もう明日から企業は始まるところもある。
Uターンも今日がピークという。

2日は道路も空いていたが、今日は車が多くて動かない。

ゆっくりとしていたが、そろそろ活動を開始しなくちゃあ。


 

さっぱりしたものが欲しい(1月2日・火)

ずっとこってりしたものを食べていると、さっぱりしたものが欲しくなってくる。

そういう時はお茶漬けがいい!

さらっさらっとご飯をかきこむときはたまらない。
奈良漬け、たくわんなどの漬け物や梅干しなどがあれば言うことなし。

そしていつも体重が増えてしまいます。


新年(1月1日・月)

2007年が始まった。
今年はどんなことが待っているんだろう。

学生が早速電話してきた。
資格の勉強をしないといけないと思っているけど、何がいいのか聞きたかったという。

新年早々から前向きな話。

今年もがんばりましょう。

 

こんな事しています
インデックスへ

 

ホームへ