年内は自粛(10月31日・火)

先日病院に行ったところ、ギプスはもうすぐはずせるが、しばらくはリハビリが必要とのこと。
すぐにでも歩けるかと思ったが、どうしてどうして。
今のままでは全く歩けないことが判明。

アキレス腱が伸びずに、曲がる角度が足らない。
90度は曲がらないと歩けないという。

当分は松葉杖が必要になるのだろうか。
徐々に良くなってはいるが、当分は今のままと同じ生活をしないといけないかも。

とりあえず年内はどこにも行けず、自粛だな。


 

国本○春のCDをまた買う(10月30日・月)

楽天で注文をしていた国本○春のCDが入手できないとの連絡が入った。

随分前に注文をしていたが、「やっぱり!」という感じ。
というのも、国本○春のHPで探してみると、ここでしか販売していない。

そして、先日すぐ発注をかけたCDがやってきました。

うれしいですねえ!!
分野は浪曲だけど、今回も楽しい。
ミ○クル○臣蔵と巌○島うた絵巻。

早速、ミ○クルの方を聞いたが、新しいバージョンで楽しめました。

車の中、研究室、事務所でずっと聞いています。

 

つま恋コンサート(10月29日・日)

NHK・BSで、吉田拓郎つま恋コンサートの再放送をしていた。
以前にも少し見たが、今回も資料を作成しながら見ていた(聞いていた)。

私が高校、大学時代の歌ばかりで、会場に来ている人もたぶん同じ年代。

歌を聞けば、自然と口ずさんでいる。
随分昔に聞いたはずなんだけど、しっかりと覚えている。

昼間のTV(田舎に泊まろう)でも(※しっかり見ているなあ)、アリスの谷村新司が出ていて、最後にチャンピオンを歌っていた。
ちょうど泊まった家のご主人が41歳で、谷村新司の大ファン。
一緒にギターでセッションをしていたが、感激の面もちだった。

今回のつま恋の会場に来ている人たちを見ていると、すっごくお兄さん、お姉さんの熱意を感じる。

 

本当は出張だったのに(10月28日・土)

今日から京都のはずだった・・・。
キャリア学会で、面白い話が聞けたのに、これでは無理。

他の先生は参加しているが、後で聞くことにしよう。

そして住んでいる地区は、今日明日と文化祭の開催となっている。
でも、それにも行くことができない。

明日は病院へ行く日となっていることもあるが、足の具合も少しづつ良くなってきた。

今はとりあえず、我慢ということにしておこう。
ゆっくりと焦らず・・・。


 

犬が後ずさり(10月27日・金)

松葉杖をしながら愛犬に近づくと、後ずさりをする。
近づけば近づくほど、後ろに下がる。

飼い主だと分かっているのに、やはりいつもと違う姿だからだろうか。
それとも、杖が恐いのだろうか。

車に乗ると今度は相手をしてくれと吠えてくる。
やっぱり私だとは認識をしているみたい。

さらに以前は近づくと、寝ていてもムクッと起きあがって背伸びの動作をしていたが、今は何も反応なし!
寝そべったまま、こちらをずっと見ている。

私が相手にしないということを見抜いている。

犬は、飼い主の格付けをしているというが、もはや最低の価値なしなんだろうか。
とりあえず、もう少しなじんでもらうしかない。

後少しでギプスがはずれるが、リハビリが待っている。
しっかりと歩けるようになるのは、いつ頃だろうか。


 

経営革新塾が終了(10月26日・木)

昨日で、福山市神辺町での経営革新塾が終了した。
延べ30時間、10日間のセミナー!
約1か月かかりました。

毎回メンバーは20人少々とアットホームの雰囲気。
それでも半分の方は皆勤賞。
本当にすごいです。

今回は、実際の経営革新計画の策定者はかなり少ないを思われるが、それでもインパクトはあったと思う。

最後に参加者の発表時、
「10年後の自分の姿を話してください」
その後、目をつぶって「今何が見えますか?」
と聞いた。

その方は、
「はっきりと見えました。びっくりです!」
やっぱり将来の方向性はこれなんですね」

また聞いていた別の参加者も、
「実は10年後の姿ということを聞いて思い出しました。
10年前に手紙を書き、来月がちょうどその10年目なんです。
すっかり忘れていましたが、同じことを言われて感激しました。」
との事。

いろいろな思い出がありますが、また同窓会をしましょう。
その時には、良い結果を教えてください。

 

びっくり!(10月25日・水)

昨日、「H君が亡くなった」と連絡をもらった。 

学年が1つ下の48歳で、まだ若い! 
心筋梗塞ということだった。 

子供も大学生と高校生がいるし、仕事も大工の一人親方。 
今後どうするんだろう、と心配。 

また連絡してきたH君(同学年)も、高血圧、狭心症と病気を抱えている。 

もうそんな歳? 
いや、まだまだ若い? 

今後、気持ち次第で、変わっていきます。

 

自治基本条例策定委員会(10月24日・火)

岡山県と広島県の県境にあるK市で、自治基本条例策定委員会の1回目があった。
平成20年3月まで、会長として月1回のペースで会合を行う予定。

市長、商工会議所会頭、議員、住民代表、報道機関などが集まった会議となっている。
副会長は、商工会議所会頭。

この自治基本条例とは、全国の市町村で策定されつつあるもので、市条例の一番上位にある「憲法」のようなもの。
それをこれから策定していくわけなので、大変な作業が待っている。

・市民憲章とまちづくり条例が現在あるが、それとの整合性はどうなっているのか。
・「市民が自ら考えるものでなければいけない」という基本姿勢で行うため、市民の皆さんの意見を聞くようにしなければいけない。
など、いろいろと協議することが多い。

K市の住民にも今後参加してもらいたいと思っているので、今日はそのPR。

皆さんと一緒に、是非とも素晴らしい基本条例を作っていきたいと考えています。

 

ギプス4週間目(10月23日・月)

もうケガをして1か月ほどになる。
ギプスがはずれるまで、6週間と言っていたので、もう少しとなった。

2週間に1回ギプスをやり直すが、今回は足の裏にヒールをつけた。
松葉杖をつきながらだが、左足を少しはつけてもよいみたい。

少しずつリハビリをしていけばいいけど、まだ足をつくのが恐い。

後2週間と思うだけで元気になるが、一生このままだとどう思うだろう?
気分が落ち込んでしまうだろうか。
あきらめの気持ちになっているだろうか。

たぶん、まだあきらめの気持ちにはなれない。
怒りと反省で複雑な気持ちだと思う。

これだけは、なってみないと分からない。


 

大学祭最終日(10月22日・日)

今日が大学祭最終日。
雨も降らず、無事終了。

今年3月卒業したゼミ生などが多くきてくれた。
他のゼミ生OBとも話したが、皆仕事で大変だと言っていた。

残業時間の多い者、人間関係で悩んでいる者、いろいろ悩みがある。
明日からは仕事が始まるが、今日来てくれた学生は少しは楽しんで帰っていったかもしれない。

一日車イスだったので、あまり歩き回ることができなかったが、それでも十分楽しむことができた。

明日から、取りかからなければならないことが山ほどあるぞ。
少しずつ消化していこう。

 

中学校でのセミナー(10月21日・土)

K附属中学校で、「仕事の選択・自分自身を知ろう」というタイトルでセミナーを行った。
もうこれで3回目となる。

今年の2月に「カウンセラー」について話を行ったが、今回の受講生の中にも何人かいたみたい。

生徒が生き生きとして聞いているのを見ると、話をしている私もがんばろうって気になる。
教室の中を移動したり、手を挙げてもらったり、楽しんで学んでもらいたい。

今回は他にもお医者さん、歯医者さん、企業経営者など様々な分野から講師を呼んでいた。

来年も講師として話をしてみたいものです。

 

立て看板ができた(10月20日・金)

朝、ゼミ生から電話がある。
「先生、いつ学校に来られますか?」

聞くと、上下町のまちづくりの立て看板を見て欲しいという。
今日まで作らないと間に合わない。
経済学部の発表は、各ゼミ単位での立て看板を作成して、展示すること。

すぐ行ってみると、写真ばかりでタイトル、ストーリーがない。

指示を出して写真を並べ替えたり、文章を作ったり・・・。
完成したのは、pm4時!

長かった〜。

これで明日はゆっくり大学祭を見学できる。


 

いよいよ大学祭(10月19日・木)

以前大学祭の日程を間違えて書いていました。
21日と22日の両日が福山大学の大学祭です。

明日から準備のため、学校は休み。
でも、立て看板を作成しなければいけないのでゼミ生と集合。

ただ心配なのは、車を止める場所があるかどうか。
車椅子で移動するにも、坂道、段差があるとダメ。

今回は私のゼミは出店はない。

ただ他のゼミ生、クラブ生から少しチケットを買っている。
昨年より少なかったのは、私が休んでいたからだと言われた。

今年は実感が沸かないです。

 

先生、TV見ましたよ(10月18日・水)

先週の14日(土)に放映された「Dr.キャンパ」を見たかつての教え子から電話があった。
ビジネス学校時代だから結構昔だが、今でも交流がある。


「先生、TV見ましたよ!!この収録はいつですか?入院の前ですか?」
「いいえ、ちょうど退院した翌日ですよ」

「そうですか、元気がないような気がしたもので」
「ちょうど体重が5kgも減った時だから、そう思ったのかも」

「でも、先生、なかなか格好良かったですよ」
「そうかあ、ありがとう!!」



そうかと思えば、今日昨年の2年女子ゼミ生が、
「先生、古いけど6月くらいに新聞に載っていたでしょう」
「えっ!!あったっけ?」

「上下の話だったですよ」
「そうかあ、覚えてないなあ」



さらに、現在の3年ゼミ生がゼミの時間に、
「この間白壁祭りに行ったでしょ。そうしたら街のいたるところに、先生の写真やゼミ生の写真が貼ってましたよ!」
「へえ!!そうなんだ!」

知らぬは自分ばかりかも。


 

腰が痛くなってきた(10月17日・火)

不自然な体勢で過ごしているせいか、腰がすごく痛くなってきた。
ギプスの重さも関係していると思うが、朝起きると、ジワーと感じる。

方言で「にがる」と言うが、じくじくとして重たーい感じで、鈍い痛みです。
ヘルニアの方の痛みはもっとひどいと思うけど、腰の痛さはしてみないと分からないもの。

数年に1回は、腰に痛みがくる。

変な姿勢で長時間過ごした、腰をひねった、重たい物を持った・・・
こういう時には、じっとしていてもじくじくとした痛みがある。

今回は、少しだけヤバイかも。

そして、左のももの筋肉も場所によって、1〜3cmくらい右と比べて小さくなった。
使わないから、筋肉は落ちると聞いたけど、現実のものとなると、やっぱりショック!

早くギプスが取れて、自由な体になりたいです。

 

SNSに入りませんか(10月16日・月)

ある日ゼミ生と話をしている途中、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の話題になった。

「先生、ミクシーに入っていますか?」
「いいや、入っていないよ」

「推薦しますので、入りませんか?」
「へえ、入っているんだ」

「僕の知っている学生は、随分入っていますよ」
「へえ〜、そんなに多いの?」

「はい、最初は少なかったけど、今はすごい多いです」
「で、どんなことをしているの?」

「はい、趣味のこととか・・・、僕3つくらい入っていますよ」
「ふ〜ん」

「それに、福大生だけのサークルもありますよ」
「どんな内容があるのかなあ」

「生活、趣味、先生のこととか、いろいろです」


ミクシーのことは、以前から知っていたけど、学生にとっては随分身近になっているみたい。
よく聞いてみると、サークルに入っても毎日している学生、ほとんどしていない学生は、半々ではっきりと分かれているみたい。

今日の日経新聞にも、SNS加入率は20代で45%と出ていた。
そして内容を読んでみると、新聞記事と今回のゼミ生の話がぴったり当てはまった。
「積極利用型」と「幽霊会員型」でまっぷたつに分かれているという。

それにしても、どのようなものだろうか?
面白いかもしれないなあ。

 

上下町白壁祭り(10月15日・日)

今日は、上下町の白壁祭り。
おでんとこんにゃくラーメンの出店を行った。

ちょうど今日は入試があり、現地についたのは12時を少し回ったところ。
お昼時ということもあり、お客さんがたくさん買いに来てくれた。

早速、昼食でこんにゃくラーメンを食べる。
こんにゃく入りの麺は少々固いがスープは美味しい。

「先生、おでんも食べてー」

ということで、次におでんを食べる。
5個も食べると、さすがにお腹が一杯になった。

日中は温度も上がり、さらにラーメンを食べた後なので、汗が噴き出す。
ギプスの身には非常に具合が悪い。

車の運転と車椅子での移動は大変疲れたが、ゼミ生の生き生きとした表情を見ると、疲れも吹き飛ぶ。

来週は大学祭が始まるため、立て看板を作ったりと、まだゼミ生も大変な日を送るようです。

がんばろう!!


 

鉄っちゃんの世界(10月14日・土)

NHK・BSで鉄道マニアが集合し、そのマニアぶりを語る番組があった。
すごいマニアックな人ばかり。

・鉄道駅舎を自分で造った人
・鉄道の路線ごとの歌を作っている人
・鉄道林の写真を撮っている人
・廃線の後を探して歩いている人
・線路でできた駅舎を探して、その線路の拓本を採っている人
・鉄道員の後ろ姿を写真に撮っている人

趣味もここまでくると、すごい!!の一言です。

スタジオ内には鉄っちゃんが100人集まり、マニアックぶりを紹介するわけだが、その見ているマニアの人たちが「おおおおおおおおおお」と感嘆、騒然、苦笑する。

全く興味のない女優Hが、「全くわからない!!」と言う姿に、マニアは爆笑。

本当に面白かったです。
趣味はこんなにも人を豊かにするんだと感嘆しました。


 

大学祭準備(10月13日・金)

来週の土・日曜日から大学祭が始まる。
今年で32回目。

昨年は、今の時期一生懸命「マツケンサンバ」の練習をしていた。
毎日3時間以上はしていたように思う。

しかし、今年は昨年と比べて学校の中の様子がよく分からない。

大きなステージも出来上がり、三蔵太鼓の音も時折しているのに・・・

気がつかないが、着々と学内では準備は進んでいると思う。

今年は何故か取り残されたように感じてしまう。
やっぱりケガの影響かもしれない。

 

車イスからの視点(10月12日・木)

松葉杖、車イスに乗ってみて初めて分かること。
それは80cmの目線から見た世界。

身長180cmから見る世界とはまるっきり違う世界がある。
これって幼児(あるいは子供、障害者)の目線に近いかも。

・低い塀でも迫ってくる感覚(圧迫感)があること
・遠くが見通せないこと
・物を見るときに、下から見上げるようになること
・何でもない緩やかな坂道が、車イスだととんでもなく急な坂で大きな力が必要になること
・バリアフリーになっていると思っていたら、違っていたこと。
・車イスの車輪をとられるほど路面がデコボコしていたこと

いろんな発見がありました。

一回体験してみないと分からない世界です。

 

ライスセンター(10月11日・水)

家の近くにライスセンターができて、早10年くらいになる。
毎年この時期になると、約1ヶ月半から2ヶ月にもわたって、近隣の農家から籾を集めて、24時間脱穀する。

近所迷惑にも関わらず、大きな音で今後何十年も続くかと思うと気が重くなる。

去年まで籾殻を空中に全部放出していたため、洗濯もできなかった。
最初はそうでもなかったが、最近量が多くなっているため、ほんの1日でもチリがうずたかく積もってしまう。

そのため、去年の終わりに「来年は周りを囲って、ほこりを出さないようにしてください」とお願いしていた。

今年は、周りをビニールで囲む工事もしていたため、ほこりが出ないと思っていたら・・・・。

おかしい!!!!

空中に白いゆらゆらしたものが舞っている。

おかしいぞ!工事をしていたので出るはずがないのに。
しかも、車にもほこりが白く積もっている。

近くに寄ってみたら、なんと囲っている天井の下側全部が20cm程開いてるじゃない。

こ〜れじゃあ、しないのと同じ!!

すぐさま、言いに行く。
果たしてどうなったか。
すぐ対処してくれただろうか?

勝手に家の前に作って、こちらの生活権はどうなるのか!
ゆううつな時期です。


かかし作り(10月10日・火) 

上下町のかかし祭りに出品する「かかし」を作っている。 
ちょうどケガをしたので遅れ気味だが、なんとか12日の締め切りには間に合いそう。 

今回のかかしは、早稲田実業の斉藤投手。 
ボールとグローブもつけて、あとは顔を書くのみ。 

他にも私のゼミでは行事が多くある。 
今週の白壁祭りでこんにゃくラーメンの出店。 
2週間後の大学祭での立て看板。 1か月後の備後産業市での立て看板。 

ゼミ研究もあるけど、がんばってください。

 

知人が来た(10月9日・月)

古くからの友人が急に家にやってきた。
この近くを仕事で通っているときに、ふと寄ってみたんだという.

もう20年以上も会っていないような気がするけど、本当に久しぶり!

今年仕事を辞めざるを得なくなり、新しい仕事で頑張っている。
奥さんが仕事で転勤をしているため、子どもの弁当や洗濯もしなくてはいけない、と言っていた。

以前だと、奥さんの転勤というのはあまり聞いたことがなかったが、今ではこれが普通なのかもしれない。

彼も仕事で家に帰ってくるのは夜の9時、10時だというが、もし私だったらどうだろう?と思ってしまう。

頑張るなあ!!

 

チャングム何回目?(10月8日・日)

「チャングムの放映を3回みています」
「いや2回目です」
といった会話をよく聞く。

何回見ていても、土曜日の夜になるとチャングムを見てしまう人が多い。

私もそう!

ビデオも撮っており、内容を知っているんだけど見てしまう。

今日のは、仇敵の女官長が足を滑らせて死んでしまうところ。
この物語の一方の主役が死んでしまうクライマックスでもある。

細かいところは覚えていないので、毎回見ても感動してしまう。
今回も本当に面白かった。


 

やっぱり不便です(10月7日・土)

松葉杖と車椅子の生活は、どうしたって不便!!
車は運転できるが、それ以外の日常生活は、普通の3倍から4倍は時間がかかる。

それに松葉杖を使うとき、階段で一瞬迷ってしまう。
どちらの足から踏み出せばいいか、おろせばいいか・・・。
更に、手のひらも痛いし。

服を着るにも、椅子がないとどうしようもない。
立ったままだとできない。

10月から11月はどこにも行けないし、行けません。

今日から3連休。
秋の観光シーズンだというのに、トホホです。

 

横顔(10月6日・金)

今話題の某アナウンサーと代議士の2ショットの写真。
それを掲載したF誌を見ていた人から、この代議士の横顔は、私にそっくりじゃないか、と言う。

正面から見ると全く違うけど、横からだと頭の形から髪の毛の生え具合までそっくり。
こんなことってあるんだねえ。

見れば見るほど、よく似ている。

でも、違う人のほうがいいのに。


 

渡り蟹(10月5日・木)

久しぶりに大きな渡り蟹を食べた。
かなり大きく、1パイが2000円もする。
もう渡り蟹の季節なんだ!と思うが、久々に大きな蟹に出会った。

味は濃いかったが、臭みはなく、これは美味しいと感激!!
みそはそんなに多くなかったが、しっかり、こってりとした蟹の味。
臭みはなく、淡白な身。
殻は料理バサミで簡単に切れるほど柔らかく、隅々まで食べることができた。
本当に満足!

今回の蟹はスーパーで売っているものではなく、直接魚屋さんで予約をして買ったもの。
こうやって注文するのもいいですねえ。

しかし、1パイを食べるともうお腹が一杯になってしまった。

ひょっとして、入院で小食になってしまったのかも?
そういえば、ベルトの穴が1つ縮んでいました。


 

「Dr.キャンパ」の収録(10月4日・水)

午前中から午後にかけて、広島ホームTVの「Dr.キャンパ」の収録を行う。
広島県の各大学のPRということで、11時20分から15分間の放映を行っている。

今回は、福山大学の経済学部担当ということで、私のゼミ活動を収録することとなった。

午前中のゼミの時間に、「かかし祭り」に出品する「かかし」を作っているところを収録。
午後からは、府中市上下町へ移動して、人力車を引いているところや歴史交流館での話し、街並みを散策しているところなどを収録した。

退院したばかりで、かかし作りには参加したが、上下町には他の先生にお願いする。
無事終わったという知らせにホッとする。

10月14日(土)の午前中に放映されるというが、タイミングがちょうどいい。
実は、「白壁まつり」が翌日の10月15日(日)にあるから。

3、4年生のゼミ生は、今回も「こんにゃくラーメン」や「おでん」を販売するという。
もちろん、人力車も!
人力車は、はっぴを着てかなり絵になるので、観光客の目を引くこと間違いなし。


ただし、退院したての体にはかなり無理をしたみたいです。
最後には、疲れきって、吐きそうになってしまいました。


 

退院(10月3日・火)

やっと今日退院しました。
入院期間は、9日間。
ホント退屈でした。

何もすることがない(いや、できない)。
足だけが痛くて動けないけど、それ以外はピンピンしているわけだから、生活リズムの変更がこたえた!!

夕食がpm6時、消灯が9pm。
何と早いこと。

できることは、本を読むこと、TVを見ること、くらい。
3日目くらいで飽きてしまう。

入院生活後半になると、ベッドの周りしか動かないようになってしまった。
後お風呂に入れないのも参りました。

入院は2日か3日で十分ですな。


そうそう、アキレス腱は完全断裂でした。
手術が終わって、写真を見たけど、完全に切れてダランとしていた。
気持ち悪!

ギプスをするのはたぶん11月中旬から下旬ごろまで。
不便はまだまだ続きます。

 

こんな事しています
インデックスへ

 

ホームへ