「キンコーズ」は便利(2月29日)

24時間使える事務所、それが「キンコーズ」。
パソコン、事務機、ファックス・・・何でもOK。
深夜会議して、明日中に資料を作れ、となっても大丈夫。
ただ、大都市にしかないのが残念。

東京にはモバイルを持っていったけど、途中で故障した。
どうすることもできず、メールだけは溜まっていく。
何回チャレンジしても、モバイルからメールは取り出せない。
帰ってから時間をかけて読むか、と思っていたら、そうだ!と思い出した。

どこかインターネットが使えるところを探せばいいじゃない。
メールはどこのパソコンからでも、パスワードを使えば見ることができる。

シティホテルだと、無料でパソコンを使うことができるけど、今回のホテルは違うところ。
それから直ぐに、近くのキンコーズまで、地下鉄を使って行く。

あっという間に時間が経ち、今回分のメール返事は終了。
ホッとしました。

それにしても、便利ですねえ。

 

新生銀行から初めての振込み(2月28日)

振込み手数料が無料、そして24時間いつでも振込みができるということで、新生銀行の口座を作った。
そして今日、初めての振込みをする。
簡単にできましたよ。

いつもだと、銀行に行くか、郵便局に行かないといけないのに、こんなに簡単にできるなんて。
深夜でもOKだから便利ですよ〜、これは!

今までは、銀行や郵便局に行ったりするだけで1時間以上もかかっていた。
しかも、平日の日中にするもんだから、時間のやりくりをするのが大変。

もっと早くすれば良かったです。
事務所を持って従業員にやってもらうのもいいけど、これなら大丈夫!

もうこの便利さを知ったら、他の銀行は使えませんね。

 

築地の場外市場(2月27日)

昨日東京で、またまた久しぶりに、築地へ行ってきました。
東京最後なので、どこか美味しいところは??と思っていると、地下鉄大江戸線に築地市場という駅がある。

「ここにしよう!」

すぐ地下鉄に乗り、築地へ。

午前中行くと、人が一杯。
でも案外狭いなあ。
こんなに狭かった?

いろんなものを売っているけど、やっぱり気になったのは、魚。
楽しいですねえ。

へえ〜、こんなに安いんだー。
こんなんまで売ってるわ。

ぐるっと一周して、さてと・・・どこで食べようかな。

多くの店で食事を提供している。
2坪くらいのちっちゃな店。
メニューは、丼ものが多いかな。
まぐろ丼、鉄火丼、いくら丼・・・

価格は・・安い!

今回食べたのは、ねぎトロ鉄火丼です。
あー、美味しかった。

 

自由が丘の「スイーツフォレスト」(2月26日)

行ってきましたよ。
渋谷から東横線に乗って、あっという間に自由が丘へ。

約5分くらい線路に沿って歩くと、クイーンズ伊勢丹が見える。
その2階部分が「スイーツフォレスト」

見つけた瞬間、嬉しかったなあ。
やっとここまで来た!!という期待感、嬉しさが一緒になって、感激しました。

女性客、カップルがやっぱり多いです。
TDLでも気にはなっていたのですが、やっぱり、背広とネクタイ姿じゃあね・・・。

入った瞬間、ピンクが目に飛び込んでくる。
満開になった花(造花)が所狭しとあり、視界をじゃましている。
いっぱい置いてあるので、森の中に迷い込んだ気分にさせる。

そして次に思ったこと。
「狭いじゃん。」
通路も狭く、曲がりくねっているため、あっという間に最後まで見てしまった。
でも、パティシエとお客との距離がすごく近くて、自分のために作ってくれている、という気分にさせてくれる。
ガラスをはさんで、すぐ目の前でケーキを作っているのを見るのは楽しい。

ケーキは小ぶりで、少々高め。
でも仕方ないか・・・ブランド料が入っているから。

帰りに、日本で一番最初にモンブランを作った「モンブラン」に立ち寄ってみる。
「ふ〜ん、ここかあ」

なかなか楽しい街でした。

 

ラーメン「青葉」(2月25日)

お昼は、ラーメン「青葉」へ。
ズラーーーーーと人が並んでいる様は、すごい!!の一言。
スープは、魚とかつおぶしのだし。

麺は、丸めん。
特別ラーメン(だったかな)じは、チャーシューとゆで卵が多いのかな。
チャーシューは、口にいれると溶けるくらいの柔らかさで、美味しいです。

東京でもいつも上位にランクされるラーメン屋だから、いつかは行ってみたいと思っていた店。
やはり行って良かった〜。
値段は、650円が普通。
特別が、850円。

こんなもんでしょう。

 

東京出張(2月24日)

今日から東京出張となりました。
広島空港から出発です。
今回は、2泊3日で行きますが、セミナーがあり缶詰となりそうです。

夜は、久しぶりにTDLに行ってきました。
夜のイルミネーションが綺麗でしたが、回りはカップル、団体連ればかり。
背広でネクタイ姿、しかも一人というのは場違いです。
途中でネクタイははずしましたが、どうもいけません。

しかも、エレクトリカルパレードをずっと待っていたのに・・・
なんと4月初めまでしていないということでした。

ガックシ!!

ま、その分、寒くて人がすくないため、アトラクションにはたくさん乗りましたけど。

 

サラリーマン川柳(2月23日)

今年も恒例の「サラリーマン川柳」の投票が始まった。
TVでも紹介されているが、100首のうちから面白いものを探してみた。

どれをとっても面白いが、特に良かったのは次の一首。

やめるのか 息子よその職 俺にくれ


他には、以下のようなものがある。

「課長いる?」 返ったこたえは 「いりません!」
成果主義 成果挙げない 人が説き
オンリーワン 職場じゃただの 変わり者
定年後 犬もいやがる 五度目の散歩
恋仇 譲れば良かった 今の妻
妻の声 昔ときめき 今動悸


どれも良く出来ています。
しかし、よく考えるわ、ホント。


弁護士の司法修習時代の話を聞く(2月22日)

あるセミナーで、弁護士の先生から自らの司法修習生時代の話を聞いた。
当時は、500人前後が2年間学ばなければならないということだった。
現在はもう少し人数も多くなり、期間も1年半になっている。

最初は東京で研修を行い、半年近く経ったら全国に散らばるという。
そして最後の半年間はまた東京に集まり、最後の試験を受ける。
第二試験と言うらしい。
厳しいですねえ。

この司法修習生の期間、裁判所で実際に働き、司法解剖に立ち会ったりと多くの経験を積む。
それが将来の弁護士、検察官などにすごく役立つという。

それにしても、合格するまですごく大変。
平均合格年齢が28歳くらいなので、30歳を超えても勉強する人がいる。
もし合格しなかったら人生を棒に振るかもしれないと思ってしまう。
1日10時間以上勉強して、生活のために道路工事の警備員をしたりと、大変ですねえ。

最近、司法修習生を描いたTVドラマ、訴訟になったら?というクイズ形式のTV番組など、弁護士を主役、話題にしたTVが続々生まれている。

法科大学院もできるなど、弁護士はより身近になっていくんだろうな。

 

キャリア・コンサルタント全国大会(2月21日)

3月21日に法政大学で、キャリア・コンサルタントの全国大会が開催される。

開催要項には、「キャリア形成を支援するキャリア・コンサルタントが集まり、質の維持と更なる能力の向上を図っていく」ためとある。

定員は、700名を予定。
講師は、慶応大学、産能大学、拓殖大学などの教授、富士ゼロックス、社会生産性本部などの企業、財団法人などから参加する。
開催時間は、朝9時半から、夕方16時半まで、ほぼ一日がかり。

午後からは、分科会が第7まであり、一斉に開講される。
どれに参加していいか分からないくらいどれも魅力的だ。

第1分科会:キャリア・コンサルティングにおけるガイダンス
第2分科会:スーパービビジョンの原理と実際
第3分科会:構成的グループ・エンカウンター参加体験
第4分科会:グループ事例研究
第5分科会:事例発表1−学校における事例
第6分科会:事例発表2−企業内及び人材派遣会社における事例
第7分科会:事例発表3−再就職支援における事例

う〜ん、行ってみたいです。


 

映画「ロード・オブ・ザ・リング」(2月20日)

やっと映画を見ることができた。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」

第61回ゴールデングローブ賞4部門授賞作品
第76回アカデミー賞作品賞他11部門ノミネート
になっている映画で、すでに前の2作は見ている。

しかし・・・長かった〜。
3時間半もかかる。
最近、こんな長い映画を見たことがあるのかなあ、と思ってしまった。
普通は、いくら長くても2時間半くらいが多いよね。

もう一つ気になる映画がある。
「ラスト・サムライ」

行こうとした時間が、ちょうど30分ほど「ロード・・・・」の方が早かった。
少しでも早く帰ろうと思って見たのに・・・
逆だった。

今回は、木曜日メンズ・デーに行ったため、1000円でOK。
いいですねえ。
こんなサービス早くすれば良かったのに。

 

「ゴミの山は宝の山だ」(2月19日)

「マネーの虎」に出演している「生活創庫」の社長 堀之内九一郎氏の講演があった。
面白そうだったので聞いてみると、これがおもしろい!
ただその反面、しんどかったです。

何故って、話し方が速くてついていくのが大変!
しかも休憩がないため、疲れてしまって・・・
2時間ぶっ続けに聞いたので、最後にはヘロヘロになってしまった。

この「生活創庫」は、全国展開している総合リサイクルショップの会社。
現在、浜松市に在住しているそうだが、生まれも育ちも鹿児島県鹿屋市。
そのため、歯切れのいい鹿児島弁が気持ちいい。

自身の生い立ちや失敗したことなど、面白おかしく徹底的にしゃべる、しゃべる。
小学校の頃から、金の亡者みたいに同級生に商売をしていた少年期。
何回も創業して、最初は上手く立ち上げて儲かるが、1年も経つと会社のお金を使い込んで破産。
それの繰り返しで、借金地獄に陥り自殺まで考える始末。
最終的に、ゴミの山から持ち帰った「モノ」で、リサイクルショップを立ち上げ、今では金持ちとなる。

波乱万丈の人生を送っている。
まだこれからも何回も波乱が待っていると思う。
だって、また失敗しそうだから。

印象に残っているところは、浮浪者に「あんたは狂ってる」と言われたところ、。
そう言われて初めて自分は変だと気がついた話など、よくぞここまで話をしてくれた、というくらい率直に語ってくれた。

ただ、こういう人生は送りたくないなあ。
自分は面白いけど、周りにいる人は大変。

かなり変な人でした。

 

キャリアカウンセルグのセミナー(2月18日)

久しぶりに、キャリアカウンセリングのセミナー(月1回開催)に参加することができた。
もう2か月以上も行っていない。
欠席した日はコーチングの講義と重なっているのが多かったためである。

今日の講義は、ファイナンシャル・プランニングの考え方の紹介。
「自分自身のポートフォリオを書くように」ということが大切だということを説明していた。

私自身はFPを持っているからどうってことないけど、FPを持ってない人にとってはすごく新鮮に思えるらしい。

キャリアカウンセリングをするときには、自分のしたいことがあるけど、生活していかないといけない、という理由も考慮しなくては。


 

失敗に学ぶ経営(2月17日)

「失敗に学ぶ経営」というタイトルのセミナーに参加した。
2人が講演したが、後半の倒産した元社長の話は参考になった。

以前、倒産した会社の経理をしたことのある人の話を聞いたことがあるが、よく似ている。
経験していないと分からない苦労話、倒産を決めた日の行動、倒産処理の実態、どれだけお金がかかるのか・・・
実にリアルに語ってくれた。

これだけでも聞いた価値はあると思った。
そこでの教訓。

1.自分名義以外(奥さん等)の通帳を作っておくこと。
2.会社名義の口座はあった方がいい・・・お金を下ろせるカードがあるから
3.倒産するにもすごくお金が必要
4.できれば奥さんを連帯保証からはずすこと
5.会社は経営者が止めようと思わなければ続くが、止めようと思うとすぐ止められる。

それにしても、倒産だけはしたくない、というのが印象だった。


 

携帯電話の変更(2月16日)

ついに携帯電話を替える。
2年もの間使っていたが、すぐに充電しなくなってしまった。
数分電話しただけで、すぐ電池がなくなる。
バッテリーが寿命なのだろう。

いつもバッテリーを持ち歩いていたが、もうガマンの限度。
携帯電話ショップに行き、すぐ変更した。

今まで使っていたものと同じメーカーの機種を注文する。
使い方がほとんど同じだからだ。

もう長い間行っていなかったが、少しメニューが増えていることに気が付く(AU)。
・AU同士だと、3人まで300円/月で通話料が半額になる。
・メールが使い放題のプランがある。

他にも、え〜!ということがあった。

それは携帯を使うと、地域関係なく1分○○円だということ(全く無知!)。
沖縄や札幌へかけるのと、福山市内へかけるのとが全く同じ料金で通話できるなんて・・・
知らなかった〜
ホント無知です。


 

男女共同参画センターのセミナーが終了(2月15日)

昨年10月頃から始まったセミナーが終了。
福山市男女共同参画センターが主催しているもので、全部で7回シリーズで開催された。

男女共同参画社会を実現するため、「環境づくり」「人づくり」「安心づくり」の出前講師ができる人材育成を図るためのセミナーである。

全部で15名程度が受講しており、今回が各自のプレゼンテーションをする日。
一人5分程度で概要を話したが、なかなか素晴らしいものが多かった。

出前とは言わず、このセンター会議室で全員のセミナーが開催できるようになって欲しい。

もう一人の講師の先生が言っていたが、岡山市ではまだということだった。
岡山市長と対談したときに、「岡山でも人材育成を図るセミナーをしたい」と聞き、「実は・・・」と今回の企画を話されたらしい。
びっくりされていた、と言っていた。

来年はどうするか分からないが、是非とも続けて欲しいものです。

 

自由が丘「スイ−ツフォレスト」(2月14日)

今日は、バレンタインデー
それにひっかけてという訳ではないが、自由が丘スイ−ツフォレストを紹介してみます。
東京の自由が丘にあるお菓子のテーマパークのことです。

昨日の朝、TVで特集を放送していたけど、これはすごい!
有名パティシエ(洋菓子職人)が出店しており、大勢の人が楽しそうにお菓子を食べている。
TVを見ながら、「そう、これ、これ!」
と思いながらしっかりと見ましたよ。

つい最近も、ある人からこう言われていた。
「スイーツフォレストは要注目ですよ。
もし、東京へ行くことがあるなら、是非とも行ってください。」

仕掛け人は、ナムコの『チームナンジャ』
フードテーマパークのプロと言われており、今までにたくさんのテーマパークを創ってきている。
博多のキャナルシティの「ラーメンスタジアム」
横浜の「横浜カレーミュージアム」
大阪の「「なにわ食いしんぼ横丁」

今度東京に行くときには是非とも行かなくっちゃあ。


東ハトのキャラメルコーン(2月13日)

サッカーの中田選手が取締役になったということで報道されていた東ハト。
中田選手がパッケージにある目を黒色から青色に変更したということで売上が大幅にアップしたという。
他にも、パッケージを大幅に変更したりとイメージアップを図り、見事成功。

そして、その主力ブランドである「キャラメルコーン」を先日買った。
昔からの味が懐かしい。

味は?・・・・一緒。
安心です。

HPにもこう書かれてある。

『32年間のロングセラー、あのキャラメルコーンが9/1大胆にリニューアルしました。
 愛されてきた「すうっととろけるおいしさ」はそのままに「いつも一緒に連れて行きたくなる」キャラクタ・パッケージデザインに!』

女性からの「かわいい〜」の声が聞こえてきそうです。

 

いつの間にか沖縄にアウトレットモールができてるじゃないの(2月12日)

日経ビジネスを何気なく見ていると、豊見城市に大規模アウトレットモール「あしびなー」が出来ているという。
2002年12月にオープンしており、初年度の来場者数は175万人。

今までアウトレットモールは、軽井沢プリンスショッピングプラザ、横浜ベイサイドマリーナ、御殿場プレミアム・アウトレット、りんくうプレミアム・アウトレットなどを知っている。

それがもう随分前に沖縄にできたんだ〜とびっくりした。

最近では、関空の近くの泉佐野市「りんくうプレミアム・アウトレット」に行ったことがあるが、そんなに買いたいというものはなかった。

沖縄の「あしびなー」はどうなんだろう。
行きたいですねえ。

でも、買いたいものがあるだろうか。
海外−ソウルなど−に行って、最新のブランド品を免税で買ったほうがいいのだろうか。

う〜ん・・・・
そうだ! あるじゃない。
カバンならいくらでも欲しいです。

 

コーチング講座での気づき(2月11日)

面白かった〜。
コーチングの講座である。

価値観の枠組みで人間は考えてしまうことが多い。
相手からの言葉が自分の思っていることと同じだと、安心してそれ以上深く探ろうとしない。
答えは一つだけで安心してしまう。
ひょっとして答えは別にあるのかもしれないが、自分で納得してしまい、考えることを止めてしまう。
答えが一つだと、それに依存してしまうんだな。

それを解決する方法は、答えは一つではないと思うこと。
常に複数の答えを考える。
相手から多くのことを引き出すようにする。

「何かある?」
「他には何かある?」
「更に他に何かない?」


そして相手に答えがなくなり、「もうこれでおしまい」と言うと

「じゃあ、どうする?」

そうすれば、行動できます。

 

急な退社の通知(2月10日)

某会社(サービス業)に勤めている人から手紙がきた。
私の担当になっている人からである。
お客さんに手紙を配布しているようだったが、その文面が少し変だった。
まだ引継ぎが決まっていないように書いてある。

これを読むと、急に退社が決まったように感じる。
その会社では、随分前にも親しくしていた方も退社された。

一身上の都合でとあるが、どうしたんだろう?

ただ憶測はいけない。
いろんな理由があると思う。

それにしても、前向きの辞め方であって欲しい。


 

沖縄名産の黒麹もろみ酢(2月9日)

今話題の酢が沖縄にある。
泡盛に黒麹、黒糖などを加えて作られる酢で、クエン酸が多く含まれ、健康食品としてブームとなっています。
鹿児島の黒酢も人気ですが、こちらもそれ以上。
本島ではなかなか手に入らないのも人気の秘密。

ついこの間飲んで見たのですが、酢のように酸っぱくない。
本当にこれは酢??
と言ってしまいたくなる。

酢というより、ジュースみたいにそのまま飲めます。
結構美味しいですよ。

ただ、値段が・・・
1本が約2500円もします。
健康にはいいんだけど、毎日飲むとなると、かなりの出費かも。

でも、これはいいですよ。
インターネットでも販売しているところがあり、手軽に買えます。
一本いかがですが。

 

桜祭り(2月8日)

今年の立春は、2月4日。
寒い季節ですが、立春が来ると春を感じます。

そして、沖縄ではもう桜が開花しています。
花のシーズン到来です。

名護市では、さくら祭りが1月31日から2月1日にかけて開催。
沖縄国際洋蘭博覧会が2月7日から15日までと、多くの祭りが開催されています。

暖かいですね〜。

それに引き換え・・・
昨日、今日とあった三原の神明市(だるま市)は寒かったこと。

早く季節の上でも、春になればいいのに。

 

誕生日(2月7日)

今日で46歳となりました。
小さい頃(小学校頃まで)は、40代といえば、おっさんでした。
そして50代といえば、おじいさんでした。

そして今。
四捨五入すると50歳。
はたから見れば、十分おっさんの年になりましたが、変わっていないのは気持ちだけ。
昔とった・・・で運動するとすぐ息が切れて大変な目にあい、年齢を感じます。

今年も「お誕生日、おめでとうございます」とのメールを頂きました。
嬉しいやら、悲しいやら。

でも、年をとるっていうことは「おめでとう」ですよね。

 

面白い講演会があるぞ(2月6日)

本屋に行ったおり、なにげなくレジを見ていたら、こんなポスターが貼ってある。
ふむふむ。
え〜、何!?

「輝くために・・・
努力に勝る天才なし〜トップアスリート達の苦悩〜」

講 師: 衣笠祥雄、乙武洋匡、小野文恵(コーディネーター)の各氏。
場 所: 福山リーデンローズ
主 催: 新市ライオンズクラブ (結成40周年記念事業)
参加費: 1000円
連絡先: 新市ライオンズクラブ 0847−52−5366



他にもこのようなものがあった。

経営革新セミナー「プロジェクトXに見るモノづくり物語(ストーリー)」

講 師: 大槻 正 ソニーAIBO開発リーダー
      オムロン自動改札機開発リーダー
場 所: 岡山ロイヤルホテル
主 催: 岡山県、岡山県産業振興財団
参加費: 無料
連絡先: 岡山県産業振興財団HP
定 員: 250人


どちらも行ってみたいが、用事があり参加できず、残念。

 

平成15年度 TMO活性化推進シンポジウムin福山(2月5日)

今日午後から、福山ニューキャッスルホテルで、上記の会合が開催される。
しかし、残念ながら、1時間ほど仕事で遅刻。
あ〜あ、残念。

今日と明日の2日間にわたって開催されるが、中小企業庁、中国経済産業局などが主催のため規模がでっかい。
しかも参加費は無料となっている。

会場についてみると、知っている人ばかり。
商工会議所、広島県、福山市などの職員さん。
他にも仕事でお世話になっている人たち。

参加者は結構いましたよ。
因島や福山のTMO活動を少し参加、取材したことがあるので、今回はすごくタメになりました。
たまにはこんなシンポジウムに参加するのもいいですね。


スケジュール

2月5日(木)
・開会セレモニー
・基調講演
  「今後のTMOのあり方について」
  「やればできる中心市街地活性化」
  「消費者にとって魅力あるまちづくり〜消費行動マニュアル〜」
・パネルディスカッション
  「中心市街地の魅力的まちづくり」
・交流会

2月6日(金)
・パネルディスカッション
  「地域資源を活用した中心市街地化」
・説明会・討論会
  「TMOサポーターズの役割について」
・現地視察
  尾道、福山市の活性化の取り組み事例


 

キャリアカウンセリングについての相談が多い(2月4日)

最近、自分の職業は何がいいのだろう?という相談が多い。
セミナーの出席者、あるいは友人からの紹介とか。
早期退職をする人、あるいは何が本当にしたいのだろう、という人たちだ。

やり方はいろいろあるが、次のことを盛り込みながら、一緒になって考えている。
キャリアカウンセリング
コーチング
カウンセリング
更には、コンサルティングなど



教えることはしない。
答えは、あくまであなた自身の中にあります。

5年後のあなたの姿が見えないようでは、現状のままで過ごすしかありません。

目標を立てること。
そして紙にかくこと。

そうすれば、情報に敏感になり、必ず成功を引き込むことができます。

 

自分の顔(2月3日)

お世話になっているMコーチのHPに非常に気になる格言が載っていた。

Mコーチ、すみません。
紹介してみたくなりましたので、ご了承ください。

『ココ・シャネルの言葉』 
自然は あなたが二十歳の時の顔を与える。 
生活は あなたが三十歳の時の顔を作る。 
だが、あなたが五十歳の時の顔をどう作るのかは あなた次第なのだ。


今までは、自然、生活の時の顔だった。
これからは、私自身の顔を作らないといけない。
いや、もう私自身の顔が出ているのかもしれないぞ。

そう思ったら、私の顔=生活というものはどんなだろうと考えてしまった。
人にはどんな風に見えるのだろう。
鏡をいつも見ているが、毎日見るものだから変化が分からない。

最近、よく人に言われることがある。

「小林さんは、例の学歴詐称の古賀潤一郎議員に何故か似ている。
顔は似ていないんだけど、どうしてだろう?
・・・・・そうだ!目が似ているんだ。」

う〜ん、これって!?
いいように解釈すればいいの?それとも?

生活が作る顔だろうか?
それとも、ただ単に似ているだけ?

自分の顔に誇りが持てるようになりたいものです。





就寝前に反省と対策の時間を持つ(2月2日)

プレジデント誌(2004 2.16号)に、次のようなコーチングについての記述があった。

住友晃宏氏の『判断能力と培う「マネジメントコーチング」とは』。
その中に、「就寝前に反省と対策の時間を持っていますか?」という章でこんなことを言っている。

「2年間におよぶコーチングの最後に聞かれたことは、就寝前に、反省と対策の時間を持っているか、ということだった。
寝る前に、
今日一日何をしたのか、
何か問題はなかったのか、
自分のやったことは正しかったか、
部下にやらせたことで問題がこじれていないか、
後継者を育てることを考えているか
などと、全てについて反省をしていますか、
と言う。

自分はベストを尽くしたと思えるなら、結果がどうであれ、これでいいと安心して眠りなさい。
ベストを尽くせなかったら、次の日はベストを尽くすように考えて眠ってください。」

う〜ん、そうなんだ。
今日からしてみよう。

 

株主優待は面白い(2月1日)

株主になると値上がり益を狙うだけでなく、株主優待で楽しみを得る方法がある。
今朝の日経新聞に出ていたが、結構面白い。

「還元率」というので、上手な使い方を学んでみる。
「還元率」とは、投資金額に対する優待を現金に換算した額の利回り。

(1)株主優待を現金に換算する
(2)株主優待が獲得できる最低株主数(普通は1単元の株式数)に株価をかけて「最小購入資金」を計算する。
(3)次に、(1)を(2)で割って、パーセントに直す。
という手順で計算する。


それによると、次の企業が利回りがいい。
・カルチャア・コンビニエンス・クラブ(ツタヤ):5000円相当割引カード(1回/半年)
            94300円の投資で、毎年1万円ゲット(10.6%)
・シダックス:1000円割引券15枚(1回/半年)
            7万5500円の投資で、毎年3万円(39.7%)
・ワタミフード:1000円分の食事券12枚(1回/半年)
            72300円の投資で、毎年12000円(16.5%)


ちなみに、オリエンタルランド(ディズニーランド)は、
        5500円の入場券1枚(1回/半年)
            665000円の投資で、毎年11000円(1.6%)

こうしてみると、ワタミフードが一番私にとって使いやすいかも。
今度買おうかな。



 

こんな事しています
インデックスへ

 

ホームへ