「のぞみ」が福山に停車(7月31日)

昨日の新聞に、「のぞみ」が福山駅に停車するという記事が載っていた。
今年の10月からダイヤ改正になるという。

福山−東京間は、3時間41分となり、現在よりも約30分も短くなる。
でも・・・・。
やっぱり東京には、飛行機で行きたい。

なにせ、あっという間に着くし、安い!!
3万円も出せば、一泊のホテル付で行ける。

ずっと前にバスで行ったこともあるが(随分前)、疲れるし、それに案外安くない。
飛行機の方が宿泊代を考えたら安いと思う。
それに個人旅行する際にも、広島空港発のパック旅行が絶対お得。

もう夏休みです。
旅行の季節です。

 

高速道の使い方(7月30日)

もう5万円、3万円のハイウェイカード(ハイカ)はない。
最高額は1万円。

今使っているハイカは5万円のだが、あと1万円しかなくなった。
以前、アンケートに答えるとETCの割引購入ができます、というものが来て、早速申し込んだが未だに音沙汰がなし。
そのため、偶然通りかかった金券ショップで1万円のハイカを買う。

車は運転するのが好きではないが、それでも最近は車をよく運転する。
ただ、混んだ道は未だに好きになれない。
そこで、短い距離でも高速道をよく利用する。

お金がかかってもこれはいいです。
時間が短縮され、しかも気持ちもゆったり。

最近は福山西と福山東の1区間をよく利用するようになった。
この区間は一般道を走ると1時間以上かかるが、高速を使うとわずか20分少々で着く。

やっぱりいいですね。

 

起業は難しい?(7月29日)

半年前に起業された人と会った。
3月から4月にかけては順調に推移していたが、今は伸び悩んでいるという。
この業界は季節変動があり、今はどうしても売上は少ないらしい。

ただ、この方は非常にポジティブで行動力もあり、こうした悩みはすぐ吹っ飛ぶだろう。
起業するときも、持ち前の行動力で次々に顧客を開拓していった。
笑顔が素敵で、「この人なら」と思わせるものがある。

以前、あるスポーツの全日本の主力メンバー(アジア大会出場)だったというから、精神力、体力はすごいものがある。
見ていて気持ちがいい。

やっぱりいるんだな、こういう人が!

 

海外旅行(7月28日)

ふと最近海外へ行っていないことに気がついた。
「毎年2回は海外旅行に行くことにしよう」と決めているが、なかなかできない。

昨日の新聞に、旅行会社のチラシがはさまっていた。
それを見ると、実に安い!
ソウル、上海・・・
海外の方が日本より安い。

で、実際にツアー客が多いかどうか、ためしに聞いてみた。
(よーやるわ)
すると日程がたくさんあり気軽に行けるようになっているが、人数が集まらず実施しない日程が多いことが分かった。
これって、どうなんだろう。

やはり海外旅行はチラシは見て楽しむものだと分かった。

 

花火には、光と音が必要(7月27日)

昨日は尾道の住吉祭。
13000発の花火が打ち上げられた。

でも尾道まで行くのは少し・・・と思い、近所から小さい花火を見ることにする。

しかし・・・
花火が見えるのに、音がしない。
随分時間が経ってから、音が聞こえてくる。

ちーーーーとも、面白くない。
やはり、花火には音が絶対必要!

また20分以上何も音沙汰がないので、もう終わったかなと思って帰り支度をしているとまた打ち上げられる。
仕掛け花火だろうか。
遠いから全く分からない。

遠くても、暑くても、近くで見るのが一番です。

 

大学院の同期生と会う(7月26日)

お昼ごろ急に大学院の同期生Yさんから電話があった。
「今日お会いしませんか」
聞いてみると、鞆の浦に向かっているバスの中からだという。

Yさんは、現在65歳。
高島屋をちょうど定年退職して大学院に入ってきた。
食品のバイヤーとして全国を飛び回っていたため、美味しいものを良く知っている。
そして、私が福山出身だと聞くと「鞆の浦が大好きでよく行きますよ」と言っていた。
今芦屋に住んでいるが、2年前にベンチャー企業を興して全国を飛びまわっている。
昨日は山口の湯田温泉に泊まってこちらへ来たという。

ビジネススクールを出ても、起業している方は非常に少ない。
既に3分の1以上(半分かも)は転職しているが、ほとんど企業から企業へ。
こういった中でYさんの存在は非常に貴重である。

少し痩せていたが、いつもながらひょうひょうとしてビジネスを語っている姿はまぶしかった。
今日は会えて非常にうれしかった。

やっぱり人と会うと刺激を受けます。

 

福山でのコーチングセミナーが終わった(7月25日)

4月の終わりから始まった「コーチングセミナー」が終わった。
長かったようで、短かった。

最後だったため、「振り返りシート」の感想にはこのようなことを書いた。

1.「この講座の中で、あなたが最も印象に残っていることは何ですか?」
・EQ分析による自分自身のことを知ったこと。

2.「この講座を通じて、あなたはどんな気づきや発見がありましたか?」
・音楽を聴きながら(シナジー・ミュージック)、セミナーをしてもいいんだということ。
 そうすることにより、リラックスしてより集中することができる。
・社会人や学生への関わり方がより深くなったこと。

3.「この講座は、これまでのあなたや、今後のあなたにとって、どんな意味がありましたか?」
・他人を許容することが必要。
・何をしなければいけないか、何をすべきか、今必要なことは何か、などが少しづつ理解できるようになった。

4.「最後に、一緒に受講されたメンバーの方々へのメッセージをお願いします」
・パワー、考え方が同じような方が多かったので、仲間意識を感じた。
・ただ感謝です。有難うございました。

産業カウンセラーとかキャリアカウンセラーのセミナーの時にも感じたが、一緒に勉強していると年齢、性差など関係なく、仲間・同朋という意識が芽生える。

これからも、定期的に会い、情報交換をしたいものです。


もう梅雨が明けたのかも(7月24日)

外を歩くと蒸し暑く、汗で服がべとつくのが分かる。
車を少しでも外に置いていれば、中は灼熱地獄。
家に帰りドアをあければ、閉じていた空気が一斉に放たれる。
暑いのはイヤですね〜。

冬はいくら寒くてもいいけど、暑いのはイヤ!
特にジメジメする今の季節は大変。

今日は特に暑く、もう梅雨は過ぎたのかもしれないと思う。
いつもなら雨が降るかと思い、駐車場に車を入れても窓はしっかりと閉める。
(これが当然だけど)
でも、今日は少しだけ窓を開けておいた。

帰りに車に乗る時、やっぱりやっていて良かったー、って思った瞬間です。



ビアホール(7月23日)

福山駅前にあるホテルの2階にビアホールがある。
広さも十分で、豪勢な食事と雰囲気が良いため、いつも人で一杯。

値段は当日が4200円だが、バイキング方式でホテル自慢の料理がずらっと並んでいる。
肉、魚、フランス料理、イタリア料理、中華料理、更には、飲み物やアイスクリーム、ケーキ、果物まで盛りだくさん。

でも、私には元は取れない。
ビールは1杯しか飲めないし、たくさん食べれないから。

ただ、スナックに行くよりいいかも。
黙って座って、たった一杯でも5000円くらい。
面白い話をするわけでもないのに、歌をうたえと言われ、なーんも面白くない。

同じ料金でこうも違うのか。
やっぱり私には食べ物の方がいい。

 

甲奴郡上下町、甲奴町の観光案内(7月22日)

やっと念願がかない、甲奴郡甲奴町にある蕎麦屋「わらべ」に行ってきました。

上下町(福山から車で北へ約1時間の距離)からまた車で約10分。
大きな道路沿いに走っていると左側に看板が見える場所にあります。
古い家屋には既に多くのお客が来ており、心がときめきます。

蕎麦のみの値段は700円から1000円くらいまで。
今回は「そば定食」1500円を食したが、無理をいって暖かい蕎麦と冷たいざる蕎麦を半々に作ってもらう。

感想は、ざるそばの方が圧倒的に美味しい。
色は白っぽく、シコシコとコシがかなり強い。

しかし、暖かいそばは、つゆの中で簡単に切れてしまう。
従業員に聞くと、「私はざるそばの方が好きです」とのこと。
やっぱり。

そして最後にそば湯が出て・・・・、ふ〜いっぱい。
ごっつぁんです。

それから上下町と言えば、温泉!
少し観光案内をしてみます。

『国でも有数の放射線ラジウム泉で、昭和47年(1972)、国民保養温泉地に指定されています。
現在、3軒の旅館、ヘルスセンター「あやめ荘」「自然の森MGユースホステル」があります。
近年のボーリングにより30度の湯が毎分200リットル自噴するようになり、活況を呈しています。
また、「矢野温泉あやめ園」は別名「あやめ寺」として知られる安福寺に発祥するもので、450種類10数万本の花菖蒲が咲き競う6月上旬から下旬まで「あやめまつり」が開催されます。』

今回は、あやめ荘で温泉を堪能しました。
入浴料は1400円。ただし午後2時半過ぎると大人は700円になります。

古代ヒノキ湯、露天風呂など趣向を凝らした風呂が多い。
実に気持ちが良かったです。

たまにはこんなのんびりとした日もいいか。


野村萬斎の「ややこしや〜」(7月21日)

NHKの『にほんごであそぼ』が面白い。
平日の朝8時から10分間だけしている番組。
その中で、「まちがいの狂言」というのが週に何度か流れる。

シェークスピア原作の『間違いの喜劇』を、シェークスピアの研究者として知られる高橋康也氏が狂言用に作り換え、狂言師の野村萬斎氏が演出した作品だという。

狂言師 野村萬斎が
「ややこしや〜、ややこしや〜」
「わたしがそなたで、そなたがわたし」
「光が影で、影が光」  
などと狂言独特の節回しでうたっている。

他にも、元横綱のKONISHIKIも出て、味のある演技をしている。

今や、小学校などですごくはやっているらしい。
実際に見ると、もう一回見てみたいと思わせる番組。

簡単なフレーズが頭にこびりついて、いつの間にか口ずさんでいる。
楽しいですよ〜。

 

出張料理で打ち上げ(7月20日)

昨日はマンションの一室で、夕食をごちそうになった。
コーチングのセミナーの打ち上げ会で、受講生が約10人ほど参加。

そしてシェフはこのセミナーに参加したことがある男性で、奥さんが助手で来られていた。
パスタ料理がメインだったが、マグロのカルパッチョや知らない料理などたくさんの料理を出してくれた。
しかもこだわりの材料や香辛料などを使い、レストランでも開けばいいと思うくらいの美味しい料理だった。

パスタに至っては6種類もあり、お腹一杯。
ただただ感謝!です。

こういった自宅で料理を出すスタイルが最近増えている。
趣味で料理を作っていたが、それを皆さんに食べていただきたくて自宅を開放している。

そんな店に以前行ったことがあるが、カレーショップ、あるいは和食の店など、様々な店がある。
地域の情報誌を気をつけてみると、このようなタイプの店の紹介が多くなっている。

ただ、店構えが全くの自宅なので見つけるのに苦労するかもしれない。
たまにはこういったお店で食事をするのもいい。

誰か紹介してください。

 

面白い理論(7月19日)

今日、とても興味深い理論を知った。
「素質論」というものだが、今まで知らなかった。

内容は、よく分からなかったが、例えていえばこういうもの。

「もし、あなたが死んだとき、その葬儀でどのように言われたいですか?」
その回答として、次の3つから選んでください。

1.あの人は、いい人だった。
2.あの人は、すごい人だった。偉大だった。
3.惜しい人を亡くした。

1は、「H(Human)人間性」。
2は、「A(Authority)権威」。
3は、「E(Economy)相手に役立つ、メリット」を表すという。

今回は、深層心理だということらしい。
他にも、表面的なものを調べるものもあるらしいが、今日はこれだけ。

私の場合は・・・
ふーん、そうなんだ。

さて、あなたはどの言葉を言われたいですか?

 

今日で前期が終わり(7月18日)

あっという間の前期が終わった。
いよいよ来週からは試験週間となる。

学生諸君にとっては大変な時期。
1年生にとっては、今回が初めての試験。
そして4年生にとっては、卒業するためには是非とも試験に合格しなくてはいけない。
何年生だろうが、大変なことには変わらない。

ふと、私の学生の時のことを思い出した。
3年生になって単位を計算したら、このままでは留年間違いないくらいに取っていなかった。
そのため、この3年生の1年間は単位を取りまくった。

文学部は、「哲学」ともう一つ取ったと思う。
教育学部では、教員になるわけでもないのに「教育原理」を取った。
経済学部の講義も取ったと思う。

そのおかげで、4年生になったら残す単位は2単位のみ。
当時は卒論も書かなくていいから(余分に単位を取ればOK)、もう楽勝!!

結構なキャンパスライフを送りました。
ただ、後で考えると、3年生の時にそんなに必死になって取らなくてもよかったなあ、と反省しきり。

でも結果オーライか。

 

環境が変われば見方も変わる(7月17日)

キャリアカウンセラーの方達と少しだけ話しているときのこと。
その方は、企業の採用関係者。
大学の就職関係も少ししている、という話をすると、こう言われた。

「今の企業の取りたい人と学生の考えはすごい隔たりがありますよ。
企業は正社員を取るというよりも契約社員でもいい、パートでもいいと思っているんですよ。
コストが変動費になるほうがいいんです。
正社員はお荷物なんですよ。」

少し極端かとも思うが、これも一つの現実であろう。

つい3か月前までは、即戦力になる人材を求めているという企業の生の声を随分聞いてきた。
早期退職を行ったり、新卒採用も控えているということは日常茶飯事。
それが当たり前のように聞いていた。

それが大学に入ると、就職率はいくら、何人企業に内定したかというのが少し大げさだが毎日の挨拶となっている。
やはり環境が違えば、見方もすごく変わるということだ。

客観的に見ることが大事。
そしていつもそのことを忘れないようにしなくては。

いい教訓になったと思う。

 

ウイルスチェック(7月16日)

「以前、メールを送ったんですが・・・」
という連絡があった。
「いいえ、こないですよ」
と返事をしたが、その理由がやっと分かった。

実は今、プロバイダーのウイルスチェックサービスに入っているが、ウイルスに汚染されていると本文が破棄される。
発信者を見て特定しないと、誰が送ったか分からないようになっている。

そして今日、感染の知らせで発信者を見ると、この方から来ていたのが分かった。
そうだったのか!
早速電話しなくちゃあ。

でも、本文が破棄されるとはやっかいです。

 

お気に入りのマグカップ(7月15日)

JFE西日本フェスタのフリーマーケットで買ったマグカップが、なんと1個1900円もしていた。
買ったのはマグカップ2個と皿2枚で、値段は全部で200円。
安い!!

秋色のハート型が格子状に並んでいる。
見た目は可愛いが、色が気に入っている。
研究室に1個。
そして、自宅に1個。

こういったフリーマーケットに行くと必ず寄るのが、カップの販売コーナー。
JFE西日本フェスタでも真っ先に行く。

楽しいもの、可愛いもの、頑丈なもの、きれいなもの・・・
いいですねえ。
たまにリサイクルショップに行っても見てしまう。

買った半分は手元に置いて、筆入れに使っている。
もう趣味の世界に入っているかも。

まだまだ、たくさん買いたい!

 

無料配布マガジン(7月14日)

先日、松永の某スーパーで無料配布している冊子をもらった。
発行は、地域情報誌WINKを発行してるA企業。
タイトルは、「mesemaga(メセマガ)」
1週間毎に発行している。

無料マガジンでは、TV広告をしているホットペパーが有名。
岡山などの大きな都市ではホットペパーは発行しているが、ここ福山では発行していない。

この「メセマガ」はWINKそっくり。
地域の情報を載せているが、やはり無料となると広告が多い。
でも、読者には割引があるので、こりゃあもらって得と思わせる。

新聞形式では、「リビング」、「プレスシード」などが他にある。

読者、出版社、広告掲載者、どれもWIN・WINの関係が成り立つ。
こういう冊子、新聞はいいですね。

 

レセプターが開いた−「豊平そば」−(7月13日)

やはり不思議な出来事は起こるものである。
何かのきっかけで存在が分かると、自然とそれが目につくようになる。

このことをコーチングでは、「レセプター(受容体)が開いている」状態だという。
例を挙げると、病気になるとそれについての記事や病院の名前がやたらと目に付きはじめることである。
皆さんも経験がありませんか。


昨日、豊平町の蕎麦店を書いたら、その後新聞にその店の主人の名前が出ていた。
その店を知っていたから分かったんだろうけど、でも不思議!

でも、いつから「豊平そば」?
これって、この蕎麦屋さんができたからではないのかな?
いやいや昔から蕎麦の産地だったのかな?


『「そば打ちの腕 あなたは何段」
−豊平どんぐり村 きょうから段位認定−

豊平町の道の駅豊平どんぐり村のそば道場は12日から、6段階のそば打ち段位認定制度を独自に設ける。
有段者による豊平流お弟子さんの会(仮称)の設立も計画し、豊平そばのファンを増やす。

・・・豊平手打ちそば保存会のメンバーが判定。・・・
・・・町のそば打ち職人高橋邦弘さんが審査する。・・・
・・・お弟子さんの会の有段者には、道場での講師や毎年11月のそばまつりへの協力を依頼する。
・・・どんぐり村は「豊平そばを継承する担い手づくりにつながれば」と期待している。』


やっと、この店見つけた(7月12日)

昨年だったか、TVで有名な蕎麦職人が広島で店を出しているということを紹介していた。
最初を見なかったため店名が分からなかったが、昨日やっと分かった。

その店の名前は「達磨 雪花山房」。
広島県山県郡豊平町にある。
広島市のちょうど北側にあり県境に近いところである。

地域情報誌「WINK」の今年6月号(知るのが遅いなあ)に載っていたもので、このように書いてあった。

『山梨の伝説的名店「翁」の主人、高橋邦弘が豊平に。
広島市街から約1時間かかるが、営業日には170人超の人々が訪れる。』

営業時間は、土・日・祝日の11時から14時までの3時間のみ。
しかも要予約ということ。

是非とも行ってみたい!!


そして、同じように行ってみたいという蕎麦屋がまた載っていた。
この店も以前から是非とも行ってみたいと思っていた店。

それは甲奴郡甲奴町にある「わらべ」
年中無休で、11時から19時までが営業時間。

ここは、おかみさん目当てに通う人もいるくらい、「人」で繁盛しているらしい。
是非とも行って体験してみなくちゃあ。

 

すっぽんの生き血と生わさび(7月11日)

夕食にビストロ○○というところに行った。
福山天満屋店の前の道を東へ行き、映画館大黒座の前の通りと交差する場所にその店はある。

イタリアンレストランがあるなんて知らなかった。

そこで出たのが、先ほどさばいたばかりのすっぽんの生き血。
それをジュースで割ったのを飲んだが、これが本当に生き血!と思うくらい生臭くない。
あっさりと胃袋に収まった。

それから刺身についていた長さ10cm以上の生わさびを食べる。
生わさびは好きなので、これだけをすって食べると、美味しいのなんのって。
すっかり堪能。
2cmは食べただろうか。

すると体から汗が。
すっぽん、それとも生わさび?

シェフに聞くと、どちらも発汗作用があるとのこと。
それにしても美味しかったです。

そして最後に清算。
びっくりするくらい安かった!!!

また是非行こう。

 

モーツアルトのお菓子(7月10日)

「コンディトライ モーツアルト」の会の品物が手に入った。

今回は、手作りアイス最中(もなか)。
バニラとナッツのキャラメル味(?)の2種類。
自宅では入りきらないので、大学の研究室へ持っていく。

女子学生が来たので、早速「どう、食べる?」と聞くと、
「食べる!!食べる!!」
と、おおはしゃぎ。
あっという間に、バニラ味が半分なくなってしまった。

バニラはあっさり味でいくらでも食べれる感じだったけど、ナッツのキャラメル味は濃い!
ただ、こちらは女子学生は嫌いのようだったので、私専用になる・・・みたい。

来月は、マンゴー&ココナッツで作ったお菓子。
どんなお菓子だろう。

早く食べたいものです。

 

そういえば今年はどこにも行っていない(7月9日)

もうすぐ夏休みに入るというのに、今年は旅行はどこにも行っていないことに気づいた。
なんということ!

例年だと札幌か沖縄に行っているはずなのに。
何故?と考えてみた。

ANAのワンウエイ1万円はもう飽きたため、今度は違うところに行ってみたい。
4月から環境が変わったため、自由が少しなくなった。

でも、もうそろそろ限界か。
8月一杯は休みになるので、目一杯羽を伸ばすぞ−
と考えた瞬間・・・

次から次へと宿題(資料等の作成)がのしかかってきた。
憂鬱な気分になってしまった。

 

もうすぐ前期試験が始まる(7月8日)

7月22日から2週間の試験週間。
前期がもう終わり?!
早いなあ、もう4ヶ月が過ぎようとしている。
講義も13回以上はしている計算だ。

ただ単にプリントや本の丸写しはダメと言ってある。
持ち込みはOKだけど、自分の頭で考えることが必要。

それでもできない学生はたまにいる。
でも、その学生は出席していない学生が多い。

今回から試験監督の応援をすることになった。
学生が多いと一人では対応できないので、補佐をすることになる。

確か、憲法Tがあったな。
そして理系の基礎○○という講義もあった。
どんな試験問題か読んでみよう。
(間違っても解かない、解けません)。

さーて、今週末までに試験問題を作成しようっと。

 

こんな時に限って!!(7月7日)

今日は7月7日。
七夕です。
でも、すっかり忘れていた。

それが夜帰る頃、ふと七夕を思い出し、「天の川が見えるかな?」と思って外へ出ると・・
なんと外は、カミナリが鳴り、しかも土砂降りの雨!!

え〜?!
さっきまできれいな星空だと思っていたのに・・・
車は外の駐車場。
歩いて5分くらいのところにおいてある。

こんな時って、一番多く降っている時では?
と思ったけど、ここからは引き返せない(あ〜と思った地点は半分歩いた地点)。
しっかり服や靴はびしょびしょになってしまった。

そして車に乗ると、やっぱり雨の量が少なくなってきたぞ。
あと5分ほど遅く出ていれば、こんなに濡れなくても良かったのに。

誰に対してこの怒り、とまどいをぶつければいいの。
タイミングが良すぎる(悪すぎる)。

たぶん、これがマーフィーの法則の一つ。

 

コミュニケーション・マインド(7月6日)

今年のテーマはコーチング。
何回もセミナー等に参加して学んでいるが、ふと最近考えることがある。

「コーチングには前向きな人なら取り組める(やすい)が、それ以外の人だったらどうなんだろう?」

「カウンセリング、コンサルティング、コーチング、ティーチング、ディベートなどなど、人との関わり方法は多くあるが、果たして人との関わりは、どれが一番いいのだろう。」


コーチングには体力が必要だと感じる。

「あなたの現状はどうなんですか?
これからの目標は何ですか?
ではそれに向かって、これからどうされますか?
いつまでにそれをやりますか?
では誰かに宣言してください。誰でしょう?」

かなりアグレッシブに取り組まなければならない。

もし、うつ症的な人が新事業に取り組むことで相談にきたらどうしよう。
誰にも相談できずに困り疲れきっている。
でも、何かしないといけない。
でも、事業が分からない。

私だと、カウンセリングから入るようになるだろう。
現状を聞いて、この人は今必要としているのは、カウンセリングなのか、コーチングなのか、コンサルティングなのかを見極め、次のステップに入るようにする。

やはり、クライアントの環境、相談内容、時間などで、対応方法は変えた方がいいと思う。
そして、たくさんの方法を知っていた方がよりいいのでは、と最近思うようになった。

 

うなぎ専門店(7月5日)

以前から気になっていた、うなぎ専門店に行く。
新規に開業して、しかも美味しいという評判。

そして食べてみると・・・
うまい!!
少々甘いタレが、私にはちょうどいい。

いろんな種類があり、お茶漬けにして食べることもできる。
くせになりそう。

もうすぐ土用丑の日。
ここで食べることにしよう。

 

面白い(当たる)心理テスト(7月4日)

面白い心理テストを試してみたら・・・。 

結婚している男性にこう質問します。
 
「もし、あなたが今の奥さんとは別の女性と結婚するとしたら、どんな女性を選ばれますか。
3つあげてください。」 

答えてもらった3つの条件をこちらで復唱した後、改めて質問します。 

「では、あえて、もうひとつ別の条件を挙げるとしたら、何ですか。」 

この心理テストによれば、4番目の答えが「本当に望んでいること」だというのです。

 

「洒落たコミュニケーションの方法」セミナーが終わった(7月3日)

6週間にわたったセミナーが今日終わった〜・・・。
参加者は平均15名程度だっただろうか。

今日は先週に引き続き、各人の性格を長所と短所に分けてA1の用紙に書くもの。
皆さんの表ができあがり、発表の時は感激しました!!

本当にできるか不安だったけど、皆さんすごいです。
やり遂げましたね。

6週間は長かったような、それでいてあっという間だったように思います。
またこのようなセミナーがしたいです。

 

倒産寸前から何故立ち直ったのだろう(7月2日)

今日、企業経営者から相談を受けた。
その企業はずっと赤字だったが、最近中央の企業に認められて売上が急激に伸びている。
しかし、家内工業であるため受注に生産が追いつかない。
睡眠時間も取れなく、毎日朝から晩まで働いているが、もう限界だと言っている。

そして毎月のローンもかなりの額。
いわゆるサラ金から多くを借りている。
自己破産も考えたというが、なんとかしのいできた。

利益は、大部分ローン返済になっている。
売上がこれだけあるのに、信用がないから銀行から借りかえができない。
お金がないから設備も新しくできない。
悪い循環だ。

「成功した経営者の中には倒産寸前から大企業の社長になった人がいますが、他のとどこが違ったのでしょうか。」

う〜ん、考えてしまった。

その時、ふと思った。
うまくいったという経営者は、「人」に助けられたと言う方が多い。
つまり、人との関わりが重要ではないか。

少し納得。
他になにかあるだろうか。

 

福山市名誉市民(7月1日)

今朝の新聞に、新しく福山市名誉市民に2人がなった。
福山商工会議所会頭の松本卓臣氏と福山大学名誉総長の宮地茂氏。

「名誉市民」の称号が贈られるのは、1986年以来で、これで10人になったという。
ただし、今までの8人はすでに物故者である。

中国新聞によると、以下のように書いてあった。
宮地氏(89歳)は、
「福山大学を開学し、西日本有数の総合大学に育てた。
福山平成大学も開学するなど、教育、文化の発展や地域の活性化に貢献した」と評価された。

松本氏(83歳)は、
「都市計画審議会委員に就任するなど町づくりに尽力している。
旧福山そごう跡地を市も無償提供し、産業振興や中心市街地活性化に貢献した」と、功績が認められた。

他の8人は誰だろうと調べてみると、
平櫛田中(彫刻家)、井伏鱒二(作家)、桑田笹舟(書道家)、森戸辰男(文部大臣・広島大学学長)、福原麟太郎(英文学者)、桜田武(日経連会長)・・・
他の方は、今日のところは分からなかった。
また福山市役所にでも聞いてみよう。

ちなみに、これが名誉市民の根拠となる条例です。
福山市名誉市民条例
「この条例は、本市にゆかりの深い者で、公共の福祉を増進し、又は社会文化の進展に貢献し、その事績が卓絶であると認めたものに対して、福山市名誉市民(以下「名誉市民」という。)の称号を贈りその功績をたたえることを目的とする。」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

こんな事しています
インデックスへ

 

ホームへ