高知へ行く(3月31日)

今日は、高知へ日帰りで行った。
生命保険の人が今度退職したため、そのお礼ということで企画されたもの。
約2か月前から予定されていたため、まだまだ先だと思っていたが案外早く来てしまった。
昨日は花見で少々お疲れだったため、朝 バスの中では寝てしまう。

今回の目的は3つ。
1.日曜市へ行くこと
2.桂浜に行くこと
3.アイスクリンを食べること
そして、全部達成!

はりまや橋にバスが到着して、すぐさま日曜市へ。
高知城から東へ伸びる道筋に、様々なテントが立っている。
果物、食べ物、金物、盆栽・・・。
もうおばさん達の売り子がたくさん。

今回初めて市へ行くことができたため、本当にうれしかった。
今までは平日ばっかりだったため、来たことがなかったからだ。
よかった〜
でもこんなに多くの人手で、しかもいっぱい品物が並んでいるなんて。
次は車でくるしかない。

高知城も結構近くに来たらすごく大きかった。
はりまや橋から少し歩いたところから見ると、すごく小さく見えたが、本当はこんなに大きかったんだ。

昼食は、高知グランドホテルの7階宴会場。
豪勢な品がならんで、しかもビール、酒、焼酎と飲んだものだから、顔が真っ赤になってしまった。
ここで約1時間半をすごす。

そして食事が終わった後、再度日曜市へ。
ここでやっと念願のアイスクリンを食べる。
しかも2個も!

1個目は200円で、量も少なかったため、もの足らない。
しかし、少し歩くとまたもやアイスクリン屋がある。
「おばあさん、ちょうだい!」
今度は、1個150円。
しかも量は前の約1.5倍もある。
さすがに、ここまでくると苦しくなってきた。

最後残るは、桂浜のみ。
タクシーを飛ばしていざ行かん。
30分程度かかったのかな、目が覚めたら着いていた。
五色石を海岸でひろって、さあ帰ろう。

もちろん、帰りのバスの中はグーグー、高いびきとあいなりました。

 

福山城で花見(3月30日)

今日は夕方からビジネス学校の元受講生達と一緒に花見をする。
昨日は雨が降ったため、今日はどうかなと心配したが、大丈夫。

福山駅に降りるともう桜が満開!
ホームから写真をとっているカップルもいる。

お城のすぐ真下に集合したが、すぐ分かった。
もう人が多いのなんのって。
桜の可憐な白い花は、ひときわ夕暮れに際だって映えています
気候も良く、花見には絶好の日。
今日で良かった〜。

総勢15名程度が集まってきた。
仕事が決まっている人、まだまだの人。
でもみんなの顔は明るいです。
ここに集まると、みんなと話せるのが楽しく、安心できるのかもしれません。

夜10時には門がしまるので、約3時間少々酒を飲んで、いっぱい話をして楽しみました。
幹事の方、大変ご苦労さまでした。
また皆さんで集まりましょう。


女性セミナーの補講をする(3月30日ー2)

それからこれを言っておかないといけません。
昨日は東京から帰って、すぐ松永にある福山市松永勤労女性センターへ行く。
昼食をすぐにとって、家にいたのはわずか10分ほど。
バイパスを通るため、あっという間に着いてしまった。
なんとか間に合ったみたい。良かった〜

今回は有志だけ参加なので、11名が参加する。
前回は約20名だったため、自主参加とはいえ、結構多く来られたみたいだ。

ビジネスプランの作成を見る予定が、皆さんあまり作ってはなく、急遽内容を変更。
みんなができるエゴグラム等を行う。
自分の性格を知ってもらうのも非常に大切なこと。

楽しんでいただけましたか?
あと数回でも補講ができます。
もししたいという方がおられましたら、ご連絡ください。
次は、コーヒーでも飲みながら。

 

東京はもう桜が散り始めていた(3月29日)

あ〜、疲れた〜
昨日、おとといと午前2時ごろまで起きていたからです。
おとといは、仕事ではなく、ハリーポッターの本を読んでいたため。
翌日に出張で朝が早いにも関わらず、読み出したら止まらない。
すっごくおもしろいため、しっかり夜更かしをしてしまいました。
やっぱりベストセラーになるだけのことはある。

そして、昨日は東京で歩いたり、ご会談をしたり(簡単に言うと飲み会)・・・。
実に1日が長かった〜。


最初、東京駅について八重洲口から外に出てみると、それはそれは見事な桜の木が風にゆられて、まばゆいばかり。
どこへ行っても桜が後をついてくるようです。

午後から企業へ、そして霞ヶ関の官庁街へと。
経済産業省の後ろにある、中小企業庁へも行ってきました。
どんなところかな、と思い、興味津々で行きましたが、どこにでもあるビルのようですね。

ドアには席と肩書きが書いてある紙を貼ってあります。
それを見ると、参事官や部長、課長、係長がずらり。
そこでおもしろい発見をしました。
一番多い肩書きは、係長みたいですね。
一般の企業とは少し違う。

それから、霞ヶ関からすぐ近くの今話題の国会議事堂へ。
ふと横をみると首相官邸がある。
「こんなに官庁と国会は近いんだあ。」と思わずつぶやいてしまった。

そして議員宿舎の近くに行き、ふっと後ろを見ると、どっかで見た顔。
周りにたくさんの人がいっぱい。
知り合いかなと思い、あいさつをしようとすると、いや違う、違う!
よ〜くよく見ると、なんと「財務大臣 塩川正十郎」通称、塩じいではないか。
あ〜、びっくりした。

そして、今日の朝は6時半には起き、一路福山へ。
やっぱり新幹線は疲れる。
寝ることができるかなと思ったけど、やっぱり無理でした。
眠たー。

 

東京出張(3月28日)

急に東京へ出張となる。
本当に久しぶりの新幹線。
いつもは飛行機で行くから、ここ1年以上も新幹線で東京へは行ったことがない。

のぞみを使えば約4時間で着くが、しかし長い!
今、腰を痛めているため、少々きついかも。

だれか良い整体を知っていますか?
良いという整体をいろいろ試してみたが、結局今でも行っているのは高校の時から行っている所だけ。
近くで良い所があれば・・・。

 

雑誌「いただきます。備後ランチ」を買う(3月27日)

コンビニに行ったおり、ふと雑誌コーナーを見ると、「いただきます。備後ランチ」という本があった。
いかにも、買って欲しいというように積み上げてあったため、つい買ってしまう。
800円。

以前にも、同じシリーズで備後のレストラン等を紹介した雑誌を買ったことがある。
非常に使い勝手がよく、今でも重宝している。

この雑誌は、備後地方を中心にランチの特集をしていたが、おいしい料理が満載だった。
今度行ってみよう。
自宅の近くのレストランも巻頭特集で紹介されていた。

バイキングでいつか行ってやろうと思っていたが、まだ達成されてない。
今度いつ行こうか。

 

初めてセルフガソリンスタンドへ行く(3月26日)

今日初めて、セルフのスタンドへ行った。
以前から新聞では聞いていたものの、あまり目立たなかったため、行かなかった。

しかし、昨日ふとそのスタンドで見たガソリン「1リットル 86円」の数字が、やけにまぶたに焼き付いている。
そこで、今日いつものスタンドへ行って、値段を聞いてみた。
何年も行っているのに、聞いたのは今日初めて。

すると、なんとリットル96円もするではないか!
え〜!「以前からですか?」
と聞くと、「そうですよ」

少し前から、スタンドの看板等で見ていた感じでは、福山では89円とか90円が主流かなと思っていたので、本当にびっくりした。
すごく高い気がする。

そこで、セルフのスタンドに行くことに決めた。

着いて早速l給油をしようとしたが、やり方が分からない。
でも店員も親切に教えてくれる。
すぐ分かった。
そりゃあ、そうだ。
だってアルバイトだってしてるもん。

給油をした後、店内に入ってお金の支払いをする。
そこは全員が女性(3人から4人)。
コンビニも併設しているとかで、またまたびっくりする。
確かにセブンやローソンとかには見劣りはするが、ちゃんと商品も揃っている。

このスタンドは、3月20日に開店したばかり。
これからも利用しよう。

 

危うくく交通事故に(3月26日−2)

今日のお昼、危うく交通事故をするところだった。
3車線の国道2号線の上り方面。
福山駅から少し東に行ったところ、福山東警察署の前、イトーヨーカドーの前の交差点。
かなり交通事故が多いところと聞いたことがある。

前方は、青信号になって20秒くらいたった時にそれは起こった。

ちょうど一番左端を50キロ台半ばで走っているとき、横断歩道を渡っている自転車とわずか数十pくらいの誤差で避けることができた。(そのくらいの距離感)

その時の状況はと言えば、
右側の2車線の車は止まっている様子だったが、まだ信号待ちかと思ったくらい。
4〜5台が後ろに止まっていたと思う。
私の前の道路は、車は一切なく全く見通しはいい。
しかし、緩やかに右に曲がっている交差点と車が右側2車線止まっている状況のため、右側は車が並んでいることしか見えない。

そして、横断歩道をこれから通り過ぎるとき、急に右側わずか1mのところで、自転車の前輪が見えた。
なんと自転車を押して(乗らずに押している)渡っている人を発見!
とっさに左にハンドルを切って避けたが、ほんのわずかの距離だったように思う。
ちょうど車の死角に入り、全く自転車が見えなかった。
まさか!!
そんなバカな!!

急ブレーキをかけて、交差点を少し通り過ぎたところで止まり、再度後ろと信号を確認した。
やはり青信号!
おっさんがしぶとく信号をまだゆったりと渡っている。
もう完全に赤信号なのに渡っている。
よう渡るなあ、とあきれるやら、びっくりするやら。

ちょうどすぐ右横で止まっていたタクシーの運転手がその後近寄ってきて、大変だったなあ、という顔をしていた。

しかし、こういうこともあるんだ。
完全に赤信号なのに、渡っている人がいるなんて。
この交差点はすごく交通量が多いのに、渡るなんてすごい度胸。

あ〜怖かった。
だんだん、怖さが増してくる。

 

産業カウンセラーで一緒に勉強した人が新聞に出てた(3月25日)

今日の中国新聞の朝刊に、産業カウンセラーで一緒に勉強していた人の記事が出ていた。
最初、どっかでみた顔だなあ〜と思って、ずっと記事を読んでいると、やっと分かった。
記事の中にしっかりと、「若い人の心のうちを引き出す術を身につけようと、昨年はカウンセラーの教室にも通った」と書いてある。
やっぱり違いない。

広島に本社がある地方銀行の人事部長で、今度熊野町の某中学校の校長先生に転身するとある。
びっくりした〜
少し話した程度だったが、やはり知った人が話題になるというのは驚く。
それと同時に頑張っているなあ、と思ってしまう。

今度、この人事部長がいた銀行で少しだけお話をする予定だが、銀行も安定している企業ではとうになくなっている。
Kさん、新天地で頑張って下さい。


銀行業界について(3月25日ー2)

銀行から転身、ということを書いたが、今日見たTV、記事などで気になることがあった。

まず、NHKの「ETV2002」。
夜10時から「金庫が消えた日」という番組をしていた。
信用金庫、信用組合がなくなった影響を特集していたが、お上は今後どの方向に進めていこうとしているんだろうと考えてしまった。
信用金庫や信用組合が何故、整理されているのか、それによって中小企業が理不尽な仕打ちをされていることを切実に描いていた。
本当に大変な目に遭っている人が多いんですね。


更に、ペイオフ関係でも、次のような記事を見た。
紹介してみる。
どうなっているんだろう?

『毎日新聞22日の朝刊を読むと、「大手全12行最終赤字に」の見出しが躍っている。
この記事を読めば、東京三菱銀行、三菱信託銀行、住友信託銀行が最終黒字を確保する予定だったのに、不良債権処理額を積み増して赤字になるということだ。

 ▼無理矢理? 業界横並びの3月決算 

「赤字になる」ではなく「赤字にする」ではないのか。
もっと言えば、「赤字にさせられる」が正解ではないか。
UFJ銀行や三井住友銀行が赤字になるのは当初から予定されていたこと。
しかし、東京三菱銀行までもが赤字になるというのは、あまりに唐突な話である。
業界横並びの決算を選択したのなら赤字にしたのだろうし、政府筋に「ウミを出し切る姿勢を示せ」とでも言われたのなら赤字にさせられたことになる。
いずれにしても、各銀行の独自の姿勢が見受けられない

同様のことをペイオフでも感じる。
先週だったか、TBSの「はなまるマーケット」という番組のディレクターが来て、「ペイオフを番組でやりたい」と言う。
主婦が主体のこの番組、視聴者から「ペイオフ、よくわからない」「定期預金をどこに預け替えたらいいの」「どこの銀行が安全なの」という投書が山のように来たという。
私への質問は「どこが安全な銀行なのか」だった。

私は答えた。
「危ないといったら、すべての日本の銀行は危ない。
しかし、すべて安全とも言える。
ペイオフはもともと、銀行の適者生存を促すための新陳代謝の制度だけど、日本国がそこまでの覚悟を持っているとは思えない。
銀行が破綻したら、潰すべき銀行もすべて承継銀行(ブリッジバンク)で引き受けるでしょう。
ペイオフを実施して預金をカットするなんてケースは、皆無だと思います。
だから、ペイオフで騒ぐ必要なんかありませんよ」。』


鞆の浦の国民宿舎へ下見に行く(3月25日ー3)

5月末の土曜日、鞆の浦で大学院の同窓会がある。
今回は福山であるため、私が幹事となっている。

また、ちょうどその日は鞆の浦で花火大会があるため、すごい人出が予想される。
国民宿舎も満員。

この花火は広島県で最も早い時期にあるもので、合計2000発上げる予定。
ちょうど真上で花火がはじける様が見れる。
すごいだろうな〜

それから4月から、しおまちの湯「鞆の浦温泉」が誕生する。
なんでも、昔から汲んでいた水にラジウムが含まれているということが分かったためということだ。
全国でも有数の含有量らしく、これまた楽しみが増えた。
できたら行くことにしよう。

また、鞆の街並みの一角に、「欧風亭」という旅館があるが、そこは何と「プロが選ぶ日本のホテル旅館100選」の料理部門に選ばれている。
新聞にも紹介されており、味がいいと評判をとっている。

今日もその旅館(ホテル)に行き、パンフレットを取ってきた。
近々行くことにしよう。

 

こんな本があります(3月24日)

個人のキャリアを考えるための本があります。

タイトルは、「働くひとのためのキャリア・デザイン」
著者は、神戸大学大学院教授の金井壽宏
PHP新書、780円(税別)
ついこの間発行されたものです。

内容を紹介してみます。

『就職後の現実に失望する若者、疲れたミドルと元気なミドルの二極分化・・・。
たった一度の仕事生活を納得して送るにはどうすればいいのか。
入社、昇進、転職・・・
人生の節目には自分を見つめ直し将来の方向性をじっくり考えるー

これが本書のお勧めする「キャリア・デザイン」。
これさえすれば、後は偶然に流される生き方も長期的にはプラスに作用する、と著者は言う。
自分らしく成長していくためのヒントを、代表的なキャリア研究、発達心理学の概念を通して紹介。
働く自分の問題として、世代を超えて役立つ本』

まだ途中しか読んでないが、とても気になる本です。
しかし結構分量が多いと思いますが、新書版なので気楽に読めると思います。

 

「ワン切り」電話(3月23日)

最近、ちまたでよく言われる「ワン切り電話」がかかってくる。
しかも、一般電話からも。

携帯電話にかかってきたのは、昨日も朝の6時半ぐらい。
03−3209−○○○○

また事務所の電話にかかってきたのは、昨日のお昼ごろ。
03−3204−○○○○
これには何だろうと思って、ついかけ直してしまった。
すると自動での返答。
すぐ切ってしまった。

最近よくある。
昼間ならまだしも、早朝にかかってきたときは大変。

前にも朝の6時前にかかってきたこともあり、少々寝不足になってしまった。
その時には、03から始まるのではなく、違う番号だった。
忘れてしまったのは残念。
面白いことに、ちょうど同じホテルに泊まっていた人にも、同じ時間に同じ市外局番でかかってきたことが判明。
朝食を食べるときに確認したが、ほとんど一緒だったため、びっくりしたことを覚えている。

危険番号を書いたホームページもあるし、更に、検索で「ワン切り」というキーワードを入力すれば、この悪質行為への対処情報をたくさん得ることができる。
それにしても、うかつに電話に出れない時代になったもんだ。


広大大学院ビジネススクールの卒業生が顔写真で載っている(3月23日−2)

昨日の中国新聞の真ん中あたり、広大大学院のビジネススクールの卒業生が大きく載っていた。
しかも、1ページを全面使った広告!

今度、平成14年後期から広大で一緒に講義をする人も、顔写真が載っている。
いや〜、びっくりしました。ホントに。
すぐメールで返事を書いたところ、早速返信がきました。
「奥さんでもすぐ分からなかったのに、よく分かりましたね」
そりゃあ、すぐに分かりますよ。
少しだけ、うらやましかったです。

でも1ページ前面で出すとなると、一体いくらかかるんだろう?
個人が払ったの?
いいや、広大のビジネススクールの募集も入っていたから、大学が広告費を負担したんだろうな。
それにしてもすごい。

 

2000年度経営品質賞受賞会社「武蔵野」のビデオを見る(3月22日)

今日は月に一回の経営品質の勉強会。
福山平成大学でビデオを見る。
2000年度の経営品質賞を受賞した「武蔵野」という会社のビデオだ。

ダスキンのフランチャイズの会社で、従業員は約360名ほど。
社長がユニークで、ワンマンに近い。
しかし、それでも従業員がいかに顧客を大切にするか、そのプロセスを大事にしている。
今回は、これをビデオを見て面白かったこと、記憶に残ったことを中心に紹介してみる。

【経営理念とITを活かした事業の取り組み】
・携帯電話を活かしたボイスメールで顧客や従業員相互との連携を取り合う(CRM)。
 一回で全員に連絡がとれる。今ではなくてはならないもの。
・IT関係(サーバ、オフコン、パソコン等)も全て自社で行う。
・従業員一人一人の机もなく、従業員相互の情報開示を徹底。
・事業内容は、「鉄砲は売らない。弾を売る」。つまり継続の品物を売ります、ということ。
・ヒューマン・コミュニケーションが大事
・私はあなたを帰ることはできません。あなたが私に合わせてください。
・クレームは起きたことが大事。従業員ではない、全部社長の責任です。
・IT化が進んでも、アナログは大事(手紙を書くこと等)
・成績はお客様の礼状の多さで決めます(従業員の相手は上司ではなく、お客)。

このように、一部だけ紹介したが、わずか40分のビデオなのに非常に興味深くあっという間に時間が経った。
何回でも見てもいいビデオだった。
もし、皆さん見る機会がある時は、是非とも見て下さい。

 

DVDソフトが主流へ(3月21日)

今日の日経新聞に載っていましたが、ビデオカセットとDVDソフトの出荷額が2001年に逆転したという。
98年から出荷を初めて、わずか4年で逆転したことになります。
そうなると、ビデオデッキもDVDにとって変わり、レンタルも遅かれ早かれDVDソフトオンリーになってくるんでしょうね。
世の中の流れは速いですね〜。

ここで面白い話を紹介します。

実は、私の場合、初めてのビデオデッキはベータ式だったんですね。
近所の電気屋さんが勧めてくれたのが、これ。
しかも、当時で20万円以上もする持ち運びができる高級のものを買いました。
それからの推移は皆さんのご存じの通り、ベータ式は競争に破れ、VHS式が標準となってしまう。

当時は新しい流行ものはすぐ飛びついて買うくせがあったため、当時の最先端、あるいは流行のものを買いました。
オープンリールのカセットデッキ、パソコン(と言ってもゲーム主体で全く使えず、倉庫へ直行)、ウオークマン等等
その多くは、すぐ生産中止になるものばかりです。
マーケティングにおける製品開発でのプロダクト・ライフ・サイクル(PLC)に相対するものでは、私のような者は、「革新者」と呼ばれてます。
わけも分からず、飛びつく者という意味?です。

もう当時はかなりまいりました。
買うもの、買うもの、ほとんど使いものにならなくなるから。
何でこんなもの買ったんだろう。

それに懲りて、ビデオは当分買いませんでした。
買ったのはつい3〜4年ほど前。
これは、先ほどの説によれば「後期追随者」あるいは「遅滞者」と呼びます。
完全に出遅れて、ピークを過ぎるころに買う者(あるいは買わない者)という意味です。

そのため、レンタルビデオ店がすでに多く林立しているときでも、借りることができないため見たことがありません。
家の人にも、かなり言われました。
「どうして、うちはビデオがないん?」

今、家にはビデオデッキが3台あります。
やっぱり便利ですね。
ついついレンタルビデオを借りたり、TVを録画したりします。

しかし、この便利さもDVDへもうすぐとって替わられるんだろうな。
またDVDを買わないといけない。
次はどうしよう。


お墓まいり(3月21日ー2)

家から歩いて5分くらいの所、山の中にあるお墓に行ってきました。
今日は春分の日。
久しぶりのお墓まいりです。

不思議なもんですね。
お墓に線香とお水をやっていると、じわっと胸にこみ上げてくるものがあります。
山の中にあるため、シンとした静けさが心地よく、しかも雨が降った後の温室にいるような暖かさも手伝い、すごく快適でした。

つい先日、ある人と会い、「私は霊能力があるんです。そのため小林さんの後ろの守護霊も見えますよ。」
と言われたことがあります。
そのため、その霊がいつもいると思うと・・・
喜んでくれたかな。

山の中を歩いたため、花粉症が少しひどくなりました。
昨日病院に行ったときの薬を早速飲みましたよ。
鼻がむずむずして大変でした。
皆さん、お墓まいりはすみましたか?

 

MBAへ挑戦」の相談(3月20日)

今日はお昼から、MBAへ挑戦するための相談を受けました。
なんと、四国松山から車で1時間の街から来られたそうです。
しまなみ海道を通り来福、今日は福山で一泊です。

Mさんは企業の後継者ですが、今しかじっくり勉強する時はないと考え、大学院に進学を考えたそうです。
そして、私に大学院の経験を直接聞きたいとの事でした。

いろんな話をしました。
どうして大学院を目指したのか。
勉強生活はどうだったのか。
HPにも書いてありましたが、それでも実際に話を聞きたいとのことでした。

すごく刺激を受けられたみたいです。
以前、日経新聞に載った記事「大阪のベンチャー企業へ神戸大学の同級生数人(その中に私の名前がある)がコンサルで入っている」、を見ていたそうです。
大学のHPや資料等をたくさん持っていました。
すごく前向きです。

ただ一番の心配は、神戸までずいぶんと遠いこと。
なんとかしたいとのことですが、でもMさんなら必ずできると思います。
まだ20代後半ですので、まだまだこれから。
いろんな可能性が広がっています。
がんばってください。

 

女性だけの起業セミナー(3月19日)

「女性だけの起業セミナー」でビジネスプランの書き方を行う。

場所は松永勤労女性センター。
人数は23名。たくさんの人が来てくれた。
グループ作業、個人の発表など交流を主体にして進めたが、今回だけではさすがに個人のビジネスプランはできない。
そのため、番外として3月29日に同じ場所で、有志でもう一回することになった。
皆わきあいあいとして、結構楽しまれていたようだ。

受講生の皆さん
是非とも次回来て下さい。
もちろん各人のビジネスプランはできているのがいいですが、でもできていなくてもいいですよ。
何をするのか、何をしたいのか、一人で考えるのは大変です。
せっかく皆さんと知り合いになったのですから、人脈を作りましょう。
自分だけで考えずに、人のプランを聞くのもタメになります。
それではお待ちしていま〜す。


酒作り家族の奮闘記(3月19日ー2)

三重県の上野市、森喜酒造を朝のTV「ズームインSUPER」で放映していた。
タイトルは、「酒作り家族の奮闘記」

若い夫婦と従業員、全部で5人だけの蔵。
しかもわずか一升瓶で7000〜8000本しか作れないような小さな蔵。
米は酒好適米「山田錦」を栽培している。

昔、「夏子の酒」というマンガがあったが、それを見てマンガ家に手紙を書いたそうだ。
そして、結局蔵を継ぐことを決心。
できた酒は自分の名前である「るみ子の酒」と命名されたそうだ。

子どもを車に乗せて酒の配達、そして少しでも稼ごうと昼間は薬剤師の資格を活かして薬局でアルバイト・・・
大変だが、それをいっさい感じさせない活力。

感動しました。

 

明日は女性だけの起業セミナー(3月18日)

2月末に、地元「エフエムふくやま」で番組に出て紹介した、「起業セミナー」の3回目が明日始まります。
もう既に2回ほど終わっており、講師は社労士、税理士の先生方。
そして、いよいよ最後、私の登場です。
ビジネスプランを書く予定ですが、果たしてこの1回だけでできるだろうか????
もう一回ほど余分に日程があればいいのに。
受講生は26名が登録していると聞いたけど、たぶん20名程度が受講だろう。
がんばろうっと!


昨日のTVの特集での感想メール(3月18日ー2)

昨日のTV特集でのことを書いたら、早速メールで返事が返ってきました。
するどい指摘をしているので、是非とも紹介したいと思います。
でも、分析力は凄いですね〜
(Sさん、勝手に載せてすいません。でも紹介したいと思います。)


『日曜日のEZTV、私もよく見ています。
いやあ〜 昨日のは刺激的でしたね〜 

若い人のモチベーションを着けるのは、お金以外にないのでしょうか。
接客業、特に飲食店は確かにそういう面はあると思います。 

要は、どんな夢を与えられるのか、それも大企業での昇進という夢が、相対的に意味が小さくなった段階で、何が夢足り得るのか、 ということのなれば、端的にはお金でしょうし、 昨日の例では、お金=出世=仕事の質、という余りにも単純化された図式を、げっぷが出るほど見せられて、いささか辟易してしまいました。

競争原理の導入という視点から解説していましたが、小林「先生」は、授業であの会社 をどう評価して、説明しますか。 
私は、あのシステムの裏側に、脱落させる仕掛けをすれば、一発でシステムが機能マヒにおちいる危うさを感じていました。
まだうまく論理にはなっていませんが、何かが違う、という印象だけは持っています。』


確かに、私もあのTVを見て、そこまでしないといけないのか、と思ったりもしました。
また、大学の講義の中では、説明するというよりも紹介だけになってしまうかもしれません。
それよりも今の学生に、「この企業、システムをどう思いますか?」「あなたなら入りたいと思いますか?」と聞いてみたいと思います。

確かに前を向いて一生懸命仕事ができる素晴らしさはあります。
でも、それ以上に楽しく仕事ができているのだろうか。
がむしゃらに突き進んでいるので、もう少しゆとりを持ったら、と思ってしまいます。
仕事=楽しいもの、笑顔でするもの、という観点から見ると、あの企業にいると少ししんどいかも。

するどい指摘には毎回感心することしきりです。
また何かありましたら、ご連絡をお願いします。

 

日曜日の午後11時過ぎから刺激的な特集があるぞ(3月17日ー1)

いつもその特集は、日曜日夜11時過ぎから約20分間放映される。
この番組は、夜10時半から始まるTV、「EZ!TV」。

今回は、タイトルからして刺激的だ。
「外食産業、入社半年で年収1000万円。若者たちを駆り立てる外食業まる秘人事戦略」
このような見出しで、「グローバルダイニング」の特集をしていた。
フォード大統領と小泉首相が食事をした店として有名。

この店の特徴は、年齢は一切関係なし。
全くの実力主義だ。
社長も出ていたが、年収4800万円と採用パンフレットにも書いてある。
とにかく、実力が全て。
いかに自分の力を出し切るか、そのためのシステムとしてこの実力主義を前面に出している。

しかし、本当に厳しい。
実際の現場では、店の売上げをいかに上げるかに全力投球している。

アルバイトでも実力があれば、みんなの意見により正社員になれる。
そのため、会議ではカンカンガクガクの意見を言い合う。
もうケンカごし。
それも自分の能力を認めてもらいたいから。

「この人はダメです。」と、ずっと年上の男性のアルバイトに対してズケズケと言う若い女性の責任者(この人もアルバイト)。
「使いものにならないから、うちの店はいらない。この人をもらってくれる店長いますか?」という店長。
等等
非常に激しいなりにも、あっけらかんとしている。
みんな、このやり方が当たり前なんだ、というシステム。
いや〜、びっくりした。
もし自分がそこにいたら務まるんだろうか、って思ってしまった。
厳しいぞ〜!

それにしても日曜日の深夜、この時間の特集は結構面白いものをしている。
以前も、倒産した「カンキョウ」の特集をしていた。
今何が流行っているのか、今何が問題なのか、いち早く特集を組んで発表している。
時間も約20分くらいで、適当な長さだ。
次回からもまた見よう。


岡山に行列ができるラーメン屋さんがあるぞ(3月17日ー2)

今日は朝から岡山で診断士講座があった。
一日中教室で話しているとお腹がすく。
そこで、岡山で「行列ができるラーメン屋さんに行きましょう」という話になり、終わってから行くことにする。

場所は、以前は岡山駅の近くだったが、今は移転をして、岡山駅西口から車で約7分ほどのラーメン屋に行く。
住所は、岡山市高柳西町で、店名は「金八ラーメン」。
550円の「金八ラーメン」から、豚の角煮を入れた人気メニューの「豚肉太肉ラーメン」の900円まで、全部で8種類ある。
今回は、その角煮とチャーシューを入れた「金太ラーメン」を食べる。

スープは豚骨かな。結構うまい。
チャーシューは厚く切ってあり、角煮よりこっちの方がおいしいと思った。
しかし、ここで食べるのはやはり角煮ラーメンだろう。
ほとんどのお客がこの角煮ラーメンを注文している。
店の作りは最近移ったばかりなので、新しい。
しかも全部で40〜50人くらいは入れそうな大きさ。
印象は、ラーメン大統領の店舗くらいの大きさと思えばいいのではないだろうか。

夕方5時半くらいに行ったが、それでも20分待ちくらい。
全く行列がとぎれない。
すごい人気だ。

ヤフーサイトで、「金八ラーメン」と打ったら、HPが出てきた。
興味がある人は見て下さい。

 

「ウオーターボーイズ」(3月16日)

家の者がビデオを借りてきた。
ひょっと見たら、以前から気になっていたもの。
TVで紹介されており、是非とも見てみたいと思っていたので、ついつい見てしまった。

ストーリーを述べてみる。
興味のある方は見てはいかがでしょう。
これをみると、実際に川越高校に行ってみたくなってくる。
ふっと、北海道の「よさこいソーラン祭」を思い出した。


この映画を撮ることになったきっかけです。

『モデルは、テレビニュースでも取り上げられた埼玉県立川越高校水泳部。
実際に毎年9月に行う文化祭“くすのき祭”で、水泳部が行っている人気演目なのです。
ニュースでも取り上げられ、そのユニークな活動に矢口監督が興味を持ったことから、映画『ウォーターボーイズ』はスタートしました。
川越高校の“男のシンクロ”は、今年で14年目を迎えます。
最初は単純に“文化祭向けのプールを使った企画”ということではじまった組体操のような出し物だったのですが、年々音楽的な演出が加わり、今では豪華なパフォーマンスに進化。
大学受験を控えた3年生部員が率先して7月から曲構成や振り付けを考え、夏休みに後輩を指導しながら毎年素晴らしい演技を披露しています。』


以下はビデオの内容です。

『廃部寸前の唯野男子高校水泳部。
部員は、やる気もなくズルズルと続けてしまった3年の鈴木(妻夫木聡)ただ1人。

そんな水泳部の顧問に、新人のピチピチ女教師・佐久間先生(眞鍋かをり)が就任し、部員は一挙に30人に膨れたッ。
が、佐久間先生が本当に教えたかったのは、競泳ではなく、なんとシンクロナイズドスイミングだったのだ!!
佐久間先生の熱い思いを知ったとたん、生徒たちは恐れをなして逃げ帰ったが、鈴木を含む間の悪いヘナチョコ5人だけが、言いくるめられて渋々シンクロをする羽目に…。

怪しいイルカの調教師(竹中直人)、水泳部の責任者・杉田先生(杉本哲太)、ぼんやりした鈴木となぜかラブラブになる桜木女子高の静子(平山綾)、ど迫力のオカマバーのママ(柄本明)なども現われ、事態はますますややこしくなり…。

彼らの高校生活最後の夏休みは、想像もしなかったシンクロ特訓のアツーイ日々で幕を開けた。
果たして、“男のシンクロ”に晴れの舞台はやってくるのか!!』


 

親子2代で神戸大学大学院へ(3月15日)

昨日から神戸大学大学院の同級生のメーリングリストから、いろいろなメールが入ってくる。
明日、月に一回の勉強会があるからだ。

その中で、一人は会社の後輩が合格し、今年の4月から一回生となるとのメールがあった。
また別の同級生からも、友人が同じく合格との連絡。
そして、極めつけ!
同級生(Sさんの)息子さんが、なんと合格とのこと。

いや〜、びっくりしたこと。
それにしても親子2代で入りますか?
「It’s wonderful!です。(それを聞いた同級生からの言葉)」

そういえば、昔大学院に合格したときのこと、家の人に言われたことがある。
「これが息子だったら良かったのに。」
はい、本当に。

 

福山の一部の県立高校では、3年生になると生徒が3分の1に(3月14日)

昨年の終わりに、福山の県立高校で退学者がすごく多くなっているという新聞記事を見たことがあった。

そして、今回実際に聞いた話だが、M高校では、1年から2年に上がる時に10クラスが6〜7クラスに。
そして2年から3年にあがる今年の4月には、いよいよ4クラスだけになるらしい。
つまり、たった2年間で6クラス(240名以上)の生徒が退学した計算になる。
他にも、I高校では100名以上が退学をしたということも聞いた。
一体どうなっているんだろう。

このI高校もM高校も、福山では以前には西部学区の総合選抜のグループに入っていた学校だ。
東部学区はそうでもないと聞く。
私の母校である誠之館高校は、東部地区の学校でそんな極端なことはないと聞く。

しかし、いつからこうなったんだろう。
本当にそうなのか
退学した生徒は、学校をやめた後どうしているだろう。
他の市ではどうなっているんだろう。
いろいろ疑問がわいてくる。
また誰か知っている人がいたら教えてください。

 

猫がすっかりやせてしまった(3月13日夜)

野良猫を最近見ないなと思っていたら、ひさしぶりに近寄ってきた。
もうボロボロになって、お腹も細くなって、だいぶやせている。
東京出張などで食べていなかったのかなと思ってエサをやっていると、急にネコが走って逃げ出した。
何と野良犬がそのエサを食べているではないか。
しかも、5匹も!

ひょっとして、野良犬のためにエサが食べれなかった?
そう思って、またエサをやっていると、裏山の陰から野良犬がずっとこちらを見ている。
少しでも、人間が見えなくなると姿を表すみたいだ。

こりゃあ、ネコでは相手にならない。
しかも相手は5匹もいる。
毎年子犬を生むため、その集団は増え続けている。

野良イヌ、野良ネコは生きることで精一杯。
生き残るためには強くなくっちゃあいけない。
動物の世界も本当に大変です。

 

中国経営品質協議会のセミナー開催(3月13日)

明日は広島で、午後から中国経営品質協議会のセミナーが開催されます。
場所は、平和公園の「広島国際会議場」
今年に入って2回用事が入り、やっと今回3回目に出席することができます。
今回は、「リーダーシップ論」により、企業の問題点を探るものとなります。
講師も藤原さんと言われて、とても有名な方だそうです。

前回は、ザ・リッツカールトンホテル大阪の桧垣さんの講演だったのですが、非常に残念ながら出席ができませんでした。
この方とは、3年ほど前、大学院の研究でお目にかかったことがあります。
非常にホテル関係者の間では有名で、広報関係を一手に引き受けています。
また聞く機会もあるだろうと思いますが、残念だったなあ。

また明日、産業カウンセラーで一緒に勉強した方と少しお話をする機会を設けました。
何でもつい最近転職されたとか。
どんなお話が聞けるか、楽しみです。

 

日本のホテルランキング(3月12日)

少し前だが、「日経トレンディ2002年3月号」に日本のホテルランキング111と称した調査結果が載っていた。
早速買い求めてみたが、こういったものも見るのも楽しみ。

今、評判のホテルはどこだろうか?
どのホテルがいいのだろうか? 設備は? サービスは?
出張するときには、早速この中のホテルを予約してみてはどうでしょう。
ただし、高いですぞ。


評価基準は、標準的ツインルームに宿泊し、61項目をチェックして、100点満点評価するもの。
評価項目は、下記の4項目
1.浴室の評価(20点)
2.客室の評価(40点)
3.サービスの評価(15点)
4.設備・立地の評価(25点)

地域は、全部で10地区
(東京、幕張、横浜、大阪、京都、神戸、札幌、名古屋、福岡、テーマパーク)
東京、大阪を中心に結果(70点以上の評価のホテル)を見てみよう。
全部で27ホテルがピックアップされた。

順位、ホテル名、正規料金の順で表示


【東京地区】
1位: パークハイアット東京(86点)
            6万2700円(パークルーム)
2位: ウエスティンホテル東京(83点)
            5万1700円(デラックスツイン)
2位: ホテル西洋銀座(83点)
            5万5000円(スーペリアツイン)
4位: フォーシーズンズホテル椿山荘東京(82点)
            5万5000円(スーペリアツイン庭園側)
5位: セルリアンタワー東急ホテル(79点)
            3万9600円(高階層スタンダードツイン)
6位: ホテルオークラ(78点)
7位: リーガロイヤルホテル早稲田(77点)
8位: 高輪プリンスホテルさくらタワー(73点)
9位: 帝国ホテル(70点)
9位: パレスホテル(70点)
9位: ホテル日航東京(70点)
9位: ロイヤルパークホテル(70点)
9位: ホテルインターコンチネンタル東京ベイ(70点)
9位: 第一ホテル東京(70点)


【大阪地区】
1位: ザ・リッツカールトンホテル大阪(86点)
            5万5370円(スーペリアツイン)
2位: ホテル阪急インターナショナル(85点)
            4万6200円(スタンダードツイン)
2位: 帝国ホテル大阪(83点)
            3万9600円(スーペリアツイン)
4位: ウエスティンホテル大阪(80点)
            4万1800円(ツイン・スタンダードフロア)


他の地区で、70点以上を取っているところは、
【幕張】
ホテルザ・マンハッタン(70点)

【横浜】
横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(72点)
横浜ロイヤルパークホテル(71点)

【京都】
京都ホテルオークラ(71点)

【神戸】、【札幌】
なし

【名古屋】
名古屋マリオットアソシアホテル(73点)

【福岡】
グランド・ハイアット・福岡(70点)

【テーマパーク】
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(76点)
ディズニーアンバサダーホテル(73点)
第一ホテル東京ベイ(71点)

 

ホワイトデーのお返しに日本酒はいかが(3月11日)

皆さん、バレンタインデーにチョコレートはもらいましたか?
義理でも、もらえば返さなくてはいけないもの。

そこで、お返しとしての商品として、以下のような日本酒があります。
それは、手書きのラベルを貼る日本酒です。

4合ビン、新潟の純米酒、価格は1300円(消費税抜き)。
手書きのラベルを貼ってくれます。
文字は結構書くことができます。
しかも、朱、墨で、こんな品物をもらったら、きっと喜ばれるだろうな、という字で自在に書いてます。

福山駅の南側に天満屋百貨店があり、そのちょうど南側に位置するM酒店がその日本酒を販売しています。
そこの店主は、福山でも有名な女性で、ついこの間福山商工会議所で開催された創業塾でも講師をしていました。
担当は、「文字書き」伝授です。
毎月1回、先生を広島から呼んで、商店街の女性を中心に勉強会をしているとか。
他に飲み屋さん、飲食店等の壁に掛かっている「お品書き」もこの店主が書いています。
食事に行くとやたら目につくことがあります。

このように、この店に行かなければ買えない、そのような商品があれば強いですね。
お客さんも固定客として離れません。
以前、商業界の取材で伺ったことがありましたが、接客技術も素晴らしいものがありました。
どのようにしたらお客様が喜んでくれるか、常に考えています。
そして、日本酒に対しての知識も豊富で、お客さんの話を聞くだけで、そのお客さんの求める日本酒を探し出してくれます。
今では日本酒を福山で買うなら、ここと決めています。

お客さんが満足する強み(商品、知識、技術、サービス等)、何かそういったものがあればいいですね。

 

創業塾最終日(3月10日) 

今日で創業塾最終日。

午前中に、ベンチャー企業の創業者を呼んで話してもらう。
全部で3人に話していただくが、話に引き込まれ、また創業時の苦労など、非常に有意義だった。
受講生たちも、一心不乱に聞いていた。
これは価値がある。
今度、平成大学の講義にきてもらおう。

そして午後から受講生の皆さんの発表。
今まで取り組んできた自分の思いを、ありったけの熱い思いで話してくれた。
初めのころはまだ未定という人もいたが、発表の時にはしっかりと自分の夢を語ってくれた。
もう皆さん、立派な経営者の顔になっています。

でも、今は頑張らねばと思っていますが、時間が経つほどに薄れてきます。
この気持ちをずっと持ち続けることが大事です。
皆さん頑張りましょう。



ここから下は、書けなかった東京出張(3月4日〜8日)と庄原(3月9日)の分を載せます。

3月4日(月)
今日は朝は暖かだったが、昼間はとにかく暑い。
朝早く広島空港へ、そして東京へ。
実際、明日から研修が始まるが、朝が早いため、今日行くことにする。
お昼過ぎに着くが、赤坂にあるホテルにまず荷物を置きにいく。
そして、・・・
以前から行きたかったTDC(東京ディズニーシー)へ行った。
お客の入りは?
まずまず、今日は月曜なので少しばかり少ないか。 
しかし、一番人気の「センターポブ・ジ・アース」(ジェットコースター)は、2時間待ちだそうだ。 
これは、もう終わりごろ、夜の9時半ごろに30分待ちで乗った。
あっという間に終わった感じ。

他のアトラクションは、大体乗ったかな。
これも市場調査です。
どんな乗り物が今人気なのか、顧客層は??? 
でも楽しいから乗っているだけだったりして。

他に感じた印象では、レストランがやけに多い。
そして、露店でも10分、20分待ちのところがある。 
何?と思ってよく見ると、そうだ、そうだ、聞いたことがある。
それは、細長い餃子パン(要は中華まんじゅう2個分)。
なかなか美味しいかったです。

そして、ホテルに帰るころには、普段の運動不足がたたって、足が痛いのなんのって。
明日から研修です。
がんばろうっと。

3月5日(火)
研修1日目 
しかし、鼻炎がひどかったため薬を飲んでしまう。 
そのため、眠くて眠くて 半分寝てしまった。
懇親会があるが、全国から来ているため、あっという間に終わってしまう。
終わって研修場所の青山から表参道まで歩いていく。 
竹下通りを本当に久しぶりに歩くが、10歳代後半から20歳台前半までの女性がターゲットの少し軽い感じの飲食店とファッション店ばかり。
顧客単価も2000円程度か。 
歩くのもままならないような人出で、繁盛してる。
このような場所が地方にもあれば、商店もすごく活気がでるだろうに。

それから新宿へ やっぱり人ヒトひと!
すごいパワフルです。
少し前に見た、新宿歌舞伎町を題材にした映画「不夜城」を思い出す。

3月6日(水) 
研修2日目
しかし、10時開始なのでゆっくりとできる。
今日は賃金の作り方、そして高齢者の活かし方をずっと聞く。 
いや〜随分と勉強になった。 

今日は終わって、銀座、新橋へ 
エルメスビル、そしてルイ・ヴィトンへ。 
やっぱり大きいですね〜 
今日も歩きまわり疲れる。 

しかし、新橋を歩いていると、怪しい、たどたどしい日本語で次から次へと女性が近寄ってくる。
「お兄さん、疲れてない?マッサージできますよ。
しかもその後いいことがありますよ・・・」 
この辺りは多いんですかね。
他にも、地下鉄の赤坂見附から地上へ出た瞬間、若いお兄さんが近寄ってきますね。
「お兄さん、この子どうですか。・・・」 

そうそう、昨日から夕食はラーメンです。
昨日は熊本ラーメン「桂花」 
今日は九州ラーメン・とんこつです。
明日は何のラーメンかな。 

3月7日(木) 
研修3日目 
今日は、産業医科大学の教授の講演会。 
忙しいらしく、これが終わったらすぐ海外へ行くらしい。 
今日は円卓で、実際に作業をすると聞く。 
しかし、結局しなかった。
後ろ向きに座っていたため首が疲れる。 

その後、研修の仲間の方と夕食へ この方は、社労士勉強の学校の先輩だった。 
今年の1月初めに一緒に同窓会に出席していたという。
これにはお互いにびっくりする。 
今日は「もんじゃ焼き」を食べる。 

初めての経験なのでワクワクする。
これは面白いですね〜 
作り方が分からなかったので、お店の人が最初作ってくれる。
その作り方のおもしろいこと。 
土手を作ってその中にスープを入れるんですね。 
あとはぐちゃぐちゃと混ぜる。
 一緒に行った人が、こう言ってました。 
「ゲロみたいですね。」 

3月8日(金)
いよいよ最終日、午前中で終わり。 
何事もなく終わり、午後から終了式となる。 
びっくりしたのが、終了証書をもらったとき。 
なんと、ハードカバーでしっかりとしたファイル付き。 
高いだろうな。

終わって羽田空港へ
早速「お土産売り場」へ行く。 
そこでは、ここでしか販売していない屋台がよく繁盛している。
イチゴケーキ、シュークリーム等 長い行列がまた人を誘引するから、またまた人が並ぶ。
欲しくなくても、何があるのか見てみたい心理が働くんですね。
ラーメン屋さん、お好み屋さんなどもそうです。
わざわざ行列があるほうに並んでしまいます。

3月9日(土) 
庄原近辺にはおもしろい施設があるという。
それは、温泉。
庄原市内には、「簡保の庄・庄原」がある。 
すごく立派な施設で、昨年できたばかりだという。
普通は「簡保の宿」という名前だが、もうその名前では作れないので、「庄」という名前にしたらしい、と聞いた。
泊まったことはないが、温泉はいろんな種類があるらしく、ゆったりできるらしい。
昨日泊まった先生がそう言っていた。 
そこで、今日泊まれるかどうか聞くともういっぱい。 
では、温泉は?と聞くと、今日は午後3時まで、明日の日曜日は夕方6時まで。 
今度来るときには、是非ともゆっくり温泉につかりたいものです。 

次に、君田温泉「森の泉」。
三次から車で北に約20分くらいの距離。 
何でも、TVのプロジェクトXで放映されたらしい。 
私も何かで見たことがあるが、それがプロジェクトXかどうかは忘れてしまった。 
第3セクターで運営されていて、近年黒字になっているのは珍しいほど。 
支配人は大阪からきているらしい。 
顧客対応がとても良く、しかも地元の人たちもしっかりと経営にタッチしているという。 
宿泊料は、大人3名以上で1泊2食付き7800円より しかも温泉付きときている。 
あ〜、これも入りたい〜。 

皆さんもこれらの2施設は、一回は利用してみてください。 
私も早く時間を見つけて利用します。
特に君田温泉は、第3セクターの成功例として見てみるといいかもしれませんね。

 

やっと東京から帰ってきました(3月8日・・4日〜8日までの出来事要旨)

やっと長かった東京出張から帰ってきました。
ホント長いような短いような、そんな週でした。

今回は、「高齢者高齢アドバイザー」というものを取るための研修です。
主催は高年齢者雇用開発協会で、全国で約500人程度登録されています。
このアドバイザーの仕事は、企業を訪問して65歳の定年延長をしてもらうように働きかけること主な内容で、その時に問題点があったら解決しましょう、ということもします。

青山のホテルでの研修で、全国から32名が集まってきました。
ほとんどは社労士が多かったのですが、診断士も1名、企業で人事関係に携わっていた方も数名いました。
ほんの少しの時間でしたが、皆さんと一緒に長い時間勉強すると、仲間意識が増してきますね。
とても親しくなりました。

講習内容は、職場改善、従業員活性化、賃金管理についての説明、作り方等等です。
いろいろ勉強になりました。
知っていることや知らないことなど、ごちゃまぜですが、やはり参加して良かったですね。
こういった機会が最近ないので、今後も参加しないといけないという刺激になりました。

夕食はほとんど参加者と一緒に毎回ラーメンを食べに行きました。
でも何故か九州ラーメン、熊本ラーメンばかり。
他には初めての「もんじゃ焼き」にも挑戦。
東京へ来るたびに食べようと思っていましたが、やっと今回願いがかないました。
感想は、「おいしかった・・ビールのつまには最高!」、でも広島風お好み焼きの方がもっとおいしいと思います。

開始年度が4月からなので、いよいよ帰ったらアドバイザーとして行動開始です。

他に、とても印象に残ったことを報告します。

1.TDC(東京ディズニー・シー)
これは、前日(月曜日)に行きました。
また遊んでと言われそうですが、昨年の9月にオープン以来まだ行ったことがないため、早く行かなくてはと思っていました。
やはり最新の情報はいち早く仕入れないと。
個人的に、株を持っているほど大好きなんです。
毎年2枚、株主優待券が送られてきますが、なかなか使う時がありません。
そのため、少々話が長くなるかも・・

印象は、大阪のUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に似ています。
でも、コンセプトが水なので、どうしても似てしまうのは仕方のないことでしょうか。
そしてとにかく広い。
更に、TDLと比べてレストランが多く、しかもアトラクションが少ないことが挙げられます。
アルコールが解禁となっているくらい、大人向けの施設にしている証拠かな。

お昼ごろに行ったのですが、もう人ひとヒト。
ちょうど入ってすぐに広い湖(池)があり、そこでお昼にはショーを繰り広げます。
「ポルト・パラディーゾ・ウーターカーニバル」という名前で、14時半から始まります。
美しく装飾されたボートやエネルギーあふれるパフォーマーたちが生み出す壮麗なウーターカーニバル。・・・
やっぱりショーはいいですね。
ダンサー(プレイヤー)が一所懸命しているのを見るのは、とても感動します。

このTDCの中心には、プロメテウス火山という名前の大きな山がデンとそびえています。
そして放射線状に全部で7つのプレイスがあります。
TDL(東京ディズニーランド)ではお城を中心にしていますが、ほとんど同じですね。

主なアトラクションは、「センター・オブ・ジ・アース」「海底2万マイル」「インディ・ジョーンズ・アトベンチャー・クリスタルスカルの魔宮」等等
ショーは、「アンコール」(ミュージカルのプレビュー・簡単な紹介)「セイル・アウェイ」等等
あまりにも人が多くて2時間待ちはザラ!
全部で3つくらいしか乗れませんでした。

それから、夜になると、もう寒くて寒くて、しかも風が強い。
なんと花火が中止になったくらいです。

そうそう、屋台にすごく長い行列ができてます。
もし皆さんが出かけた時には必ず立ち寄って買ってください。
ここは、餃子パンを売っています。
簡単に言うと、細長い肉まんです。
でも寒いときに食べると最高!
ジュースを飲みながら食べると、また一段とうまい。
他にはポップコーンも捨てがたいし。
ここに来たら結構お腹がいっぱいになりますよ。


2.ファーストキッチンの食事は夜11時過ぎになると深夜料金割り増し

皆さん知ってました?

ファーストフードの「ファーストキッチン」にお腹が減ったので、何気なく入り、お餅入りのパイを注文したんですね。
すると料金が少し高い。
「どうして?」と質問すると
「ここに書いてあります。深夜料金の割り増しになるんです。」とのこと。
知らなかった〜
深夜割増なんて、ファーストフードの店にあったっけ。
他にもあるかどうかこんど探してみよう。

でもこの時思ったんですが、吉野屋の牛丼並が280円、そしてこの時のファーストキッチンの「餅入りパイ」が深夜割り増しで240円。
ほとんど同じ金額だけど、餅入りパイってほんの少ししかなく、しかも3口も食べればもう終わりのようなシロモノ。
それに引きかえ、牛丼は食べればお腹が結構太るもの。
どうして同じ料金なの?

ほぼ同じ金額で買える商品なのに、その内容の違うこと違うこと。
やはり世の中おかしい。
金額の高い商品と安い商品が、その価値に見合ったものになっていない。
そんな感じがします。

でもよく考えてみれば、お客を誘因する目玉商品は安くても、他の商品で元が取れればいい。
マクドナルドにしてみれば、ハンバーガーだけでは利益がでませんが、そのかわりにポテトでもとをしっかりと取っている。
今回のファーストキッチンもこの「餅入りパイ」はもとをとる商品なのかも知れません。


ここまで書いてきて、もう限界です。
もう深夜となっています。疲れました。

明日は庄原で創業塾があります。
朝7時過ぎには出かけなくては。
最後の回になりますが、今回は1泊をします。
そこで、またまたHPを書くことができません。

この続きは次回日曜日に。

 

3歳までの子どもは、お腹にいたときのことを覚えている(3月3日)

庄原の講義の中で、おもしろい話を聞いた。
実は、3歳までの子どもは、生まれる前のこと、生まれる時のことを覚えているらしい。
そして、何回も「どうだった?」と子どもに聞いていると、ずっと長く覚えたままだそうだ。
普通、人間は小さい時のことを覚えていないが、それも訓練しだい。
4歳までそういった訓練をしていないと、完璧に忘れてしまうそうだ。

私の一番小さい頃に覚えていることは、家の前の畑で大きな木を見上げている場面だ。
後で、聞いたら、約1メートルくらいの1年草だったそうだ。
ずいぶんと大きな木に見えた。
たぶん2歳から3歳ごろだと思う。

他には、向島でカニを取って、いとこを追いかけ回している場面だ。
しかも、その時のことが写真に残っている。
たぶん4歳くらいだと思う。

毎日いろんなことを経験しては、忘れていく。
無意識の中にそれらをしまい込まないと、生きてはいけない。

心理学の先生に聞くと、それらの無意識にしまい込んだものが、夢として時々出てくるらしい。
ノートに覚えていることを書き留めていると面白いことが分かるかもしれない。
フロイトやユングの研究だな。
(合ってるかな?)


明日から4泊5日、東京出張です。
毎日講習を朝から晩まで聞いてきます。

 

福山創業塾の同窓会(3月2日)

福山創業塾の同窓会が尾道であった。
庄原から夕方から帰り、そのまま十四日町の「村一番」へ。
鳥料理屋で、誰かに聞いたのか、昔は「女郎屋(と言っていた)」だったとか。
料理屋に入ると、昔ながらの風情が色濃く残っている。
昔の店はこうだったのか。
講師も含めて全員で13名ほど。
料理も美味しく、ビールや尾道の日本酒をたらふく飲んだ。

そして「村一番」のすぐ近くにある、スタンド「暁」に行く。
尾道と言えば、壇一雄の文章で有名になった「ラーメンの「朱華園」、そして「暁」がある。
先週は、その「朱華園」でラーメン、そして女子高生御用達の「からさわ」でアイスクリームを食べたばかりだ。

随分と昔に「暁」に行ったことがあるが、現在のマスターは2代目で、店舗は昔と全く変わっていなかった。
世界中の酒が店の中に所狭しと置いてある。
しかもこれが、数十年も前から置いてあるもので、ホコリをかぶったまま。
聞くと、アルコールがなくなって飲めなくなっているらしい。
また有名人の写真も多く飾ってある。
レトロな雰囲気で良かった〜

お客は多く、次から次へと入ってくる。
皆で、ビールやカクテル等をまたまた飲んだ。

 

もう3月です。早いですね〜(3月1日)

ぽかぽかの陽天気です。
もう春です。
梅もすっかり咲いてます。
いつもは京都へ行くのに、今年はまだ行ってません。
今の季節、梅がきれいだろうな〜
ただ、雪舟展があるため、3月中旬から行きたいとは思ってますが。

明日から、長期の出張となります。
ところどころ帰ってきますが、体調を崩さないようにしないと。

明日朝、庄原グランドホテルへ午前9時集合
そして夜はまた尾道へ
福山創業塾のメンバーと懇親会を行います。

そしてまたまた翌朝9時には、庄原グランドホテルへ。
そして福山に帰って・・・・
その翌日早朝、東京へ・・・・

雪が降りませんように

こんな事しています
インデックスへ

 

ホームへ